新着Pick

10年でよちよち歩きから体操をするまでに進化…ロボットに支配される時代は来るのか

Business Insider Japan
・ロボット工学はわずか10年で大きな進歩を遂げた。 ・2009年、ボストン・ダイナミクスが開発したロボットは、歩くこともままならなかった。2019年、彼らのロボットはエクササイズをするようになった。 ・驚くべき進歩だ。 しかし、それはまた、ロボットをどこまで開発するべきかという問題を提起する。 ボ...
66Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
何よりすごいのは、倒れ方などの動作が、以前に比べると、人間に近づいていること。かなりヤバいレベルまで。

Teslaの自動運転も、最近のものは、どんどん人間っぽくなっているということなので、それは、共通のトレンドかもしれませんね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
まあ車も飛行機も銃も、全て悪用すれば兵器となるわけで、ロボットにおいても使い方の問題だけ。別にロボットなんか使わずとも核兵器のボタン一つで何か国も破壊することは可能。それと同様に、ロボットで殺人や破壊行為が行われた場合、その国や企業は責任を負わされることになるし、そもそもロボットで攻撃するのは効率が悪い。
サイバーテロの方が十分に危険。