新着Pick
660Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
“泥くさい”Eコマースのビジネスから始まったアリババは積極的に社会や顧客企業の問題を解決するという意識が強い。一方、SNSというスマートなビジネスから始まったテンセントは、ウィーチャットの強みで、後から始めても競合に追いつけるため後発者利益を得ようとしてきた。ただ、その強みに甘んじていた部分もある。

テンセントはウィーチャットペイでアリペイにあっという間に追いついたが、中国の規制でゲーム事業の成長が落ちて、ネット広告ではTikTokに追いかけられている。ウィーチャットの顧客接点は引き続き強いが、あまり新しいビジネスでの収益化はできていない。

アリババは、商品開発から、製造や販売といったバリューチェーン構造、クラウド、マーケティングやデータマネジメント、物流、決済といったレイヤー構造の両方がしっかりとしておりテンセントの間で明暗が分かれつつある。

新型肺炎で中国では全ての業態が厳しい状況だが、EC事業が中心のアリババは相対的には影響が少ない。また、新型肺炎は業績的にはマイナスだが、AI診断といったイノベーションの機会にしようとしている。
来年あたりには、BATに平安保険グループも加わってくるのでしょうか。
好医生アプリなんて、現在進行形かつアフターコロナの世界で更にすごいことになりそうですよね。
これだけすごい規模で成長し収益をあげつつも、同時の権限委譲も行われていて、次世代に経営のバトンが渡されているのがスゴい。記事の中でも指摘されているように、アリババとテンセントでは明暗が分かれつつあり、より生活のインフラとなっているアリババは引き続き成長を加速させていくこではないでしょうか。

FAMGAで比較すると、Facebookに近いテンセント、Amazonに近いアリババ、Googleに近いバイドゥ、Appleに近いシャオミと見立てたときに、Microsft的なプレーヤーはいないのだろうか。ふと疑問
コア事業は、
アリババ: EC。アリペイ MAU12億人
テンセント: ゲーム、SNS。Wechat MAU11.6億人
百度: 検索、動画

新型コロナウイルスによる株価への影響が興味深い。
「中国のIT企業も、新型肺炎による影響を受けており、アリババの株価は11.7%、テンセントの株価は4.3%、2020年の初めから下落している。

アメリカ企業では、アマゾンの株価が年初から変わらない一方で、売り上げの大半が広告収入のフェイスブックの株価は年初から27%も下落している」
BATと3つ並べると、ATとBの差は歴然。事業の多角化という面からもATとBの差は大きい。

アリババグループにはリテール改革というミッションがあります。コマースだけでなく、金融部門もリテール改革。

既存の制度を破壊し、新たなビジネスモデルを創出。それに向けて全力で取り組んでいるというのがBTとの違いになっています。2036年までに20億人の経済圏をめざすというしっかりとして目標がグループを動かしているように感じます。
アリババはAmazon、楽天の様に祖業がコマースで、テンセントは祖業がヤフーの様にメディア。アフターコロナを考えると手堅いのはアリババかな。
もう分析に百度が入ってこない時代になってる、、、


「テンセントはウィーチャットペイでアリペイにあっという間に追いついたが、中国の規制でゲーム売り上げの成長が落ちて、広告ではTikTokに追いかけられている。ウィーチャットで強い顧客接点を持っていることはプラスだが、新しいビジネスではあまり収益化ができていない。
一方のアリババは、商品開発や製造、販売といったバリューチェーンだけでなく、クラウドやマーケティング、データマネジメント、物流、決済もしっかりと押さえており、テンセントとの間で明暗が分かれつつある」
アリババは個々のサービスもそうですが、それ以上にどのような社会を作っていくか?の全体設計を作るのが上手ですし、魅力的だなと思っています。
インタビューにてコメント協力させていただきました。
中国は独自の成長を遂げており、かつ世界の中でも進んでいる部分は多い。中でもアリババはインフラになろうとしていて、必要不可欠なポジションを狙いにいくのが上手い。数字で見るとよくわかりますね!
BATと言っても、B<<T<Aという関係がよくわかります。

また、事業内容のポートフォリオからも、阿里巴巴集団の圧倒的な強さがわかりますね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
経済ニュースを「数字」でつかむNewsPicks編集部オリジナル連載。NewsPicksが注目する企業の決算・会計から、マーケットの話題、投資まで。様々なテーマを「キーナンバー」で読み解くことで、ビジネスパーソンに必須の「数字感覚」を養おう。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
131 兆円

業績

百度(バイドゥ、)とは、中華人民共和国で最大の検索エンジンを提供する企業である。創業は2000年1月で本社は北京市にあり、その他「百度百科」、「百度入力方法」なども提供している。 ウィキペディア
時価総額
3.95 兆円

業績

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
148 兆円

業績

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
69.0 兆円

業績