新着Pick
269Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ひねくれた見方かもしれないですが、RFIDのETCがあっという間に浸透した裏には国交省が省益、権益、天下り先を大量に実現できた秀逸なビジネスモデル?がありました。渋滞解消という大義名分のもとに税金を使い様々な金銭的・認知向上プロモーションがなされ本来持っていた便利さと合わせて普及しています。リテールテックが浸透するには便利さはもとよりその仕組みそのもので益をうける大きな組織が必要ということかもしれません。
高輪ゲートウェイの無人店舗、コロナが収束したら行ってみたい!
記事にもあるがRFIDのコストがキー。RFIDはカメラ式と比較して、店舗での決済だけでなく、在庫管理などの効率もあげる。一方、単価が低いものだとコスト倒れすることに加えて、店舗オペレーションは全部が同じようにできるかがキー(だから最低単価が高いユニクロはできるが、最低単価が低いものもあるコンビニは今は難しい)。
とはいえ、値下がりも続いている。先日は東レが1枚2円以下となる技術を開発したと報じられている。
https://newspicks.com/news/4553387
10年先と言われているあの技術。
実用化の道筋が見えたと東レの広報に言われましたが、
果たしてどういうことなのか、とても気になります。
RFIDが1円を切ったら流通はどう変わるか、引き続き取材していきます。