新着Pick
158Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
メディアでよく見るプリファード。当社の定量的な数値は時価総額(未上場ラウンドでのそれ)ばかりで、肝心の売上高や利益を知りたいです。
ソフトでプラットフォームになりきれなかったが、ハードでなれるか?ただハードだと一層資金調達力が重要になっていく。
Akiさんに同意で、技術力だけでなくそれがビジネスにつながっているのかが気になる。プラットフォームを握れないと持続的な売上になりにくく、経営としては計算しにくい。バリュエーションが適切になってくれば、アキュハイアの対象として狙う企業も出てきうる(逆にトヨタやFANUCが完全に持ち分握りに行く可能性もある?)。
不正受給問題起こしたPEZYの後釜的存在?

日本が再び半導体ハードで勝てる日が来るとすれば、F通ではなくこうしたスタートアップからなのかも知れない。

時価総額ランキング2位のTBMはストーンペーパーLIMEXの販売会社だが、なんでそんなに高いの?


追記
公式ツイートではハードに軸足ではなく、両輪とのこと。
ちゃんと取材しろ!

https://twitter.com/preferrednetjp/status/1241942042424553479?s=21
個人的には結構ショックです。ハードウェアだと、事業特性(ユニットエコノミクス)が違い、勝ち筋が違うので、どうなのか。

引用
同社の求心力の源だったと言えるソフトの開発をなぜ、やめたのか。そこにはAIビジネスの競争軸の変化がみえる。ひとつは基盤ソフトが急速に成熟したことだ。
ソフトウェアだけでは売りにならないんだろうねー。誰でもAI使えるようになってきたし
「作りたい」という言葉が象徴的。
SWは差別化なかなか難しい部分ありますよね