新着Pick
1001Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
-------
私はまったくの文系人間ですから、ブロックチェーンの効能をいくら説明されても、どうしてもブロックチェーンじゃなくては実現不能なことがなかなか見えなかった。
いつもそれを、見せてくれと言っています。
-------
文系かは関係ないと思いますが、ほとんどみんなこの状態でないかと思います。
仮想通貨の文脈で認知されたことの功罪もあると思う。

-------
ブロックチェーンは「データの民主化」という概念を打ち出してもらっています。この点については、なるほどなと思える。
-------
これは正しいし、私も大好きな考え方ではありますが、世の中の主流になる上で、これでは上記の疑問には答えていません。

-------
マイクロペイメントは、現在の仕組みでは、サービスプロバイダーにとって大きな負担になってきます。こうした処理コストが、とりわけ日本は高かったりする。
そうなったら、ブロックチェーン上のスマートコントラクト(支払いを自動実行する契約)によって、自動的に支払いができたら良いですよね。
-------
これがブロックチェーンでなせること。
これだけでは、「なんでできるの?」には答えてませんが、結果こういうことができて始めてMaaSがより大規模かつ、オープンに意味のあるものになりえると私は思ってます。

いずれにせよ、ここから数年で、生活の裏側にじわりじわりと浸透してくると思う。楽しみな取り組みです。
ブロックチェーンを使えば、「取引相手が信用できるかという見極めをしなくても良くなる」ので、これまで「信用」という部分を担ってきた中古車の仲介業者や金融機関が必要なくなるということですが、推進しておられるご自身が金融機関出身者だというのも興味深いです。

カンバン方式など、自動車生産におけるモノの流れを把握して無駄をなくすという取り組みを徹底して行ってきたことを考えると、その取り組みを自動車を使わない世界にも広げた、という考え方もできそうです。
トヨタが仕掛けるからこそ、車を持たない消費者にとっても便益がある取り組みだと思います。
コンセプト自体はトヨタなら考えているだろうなという内容ですが、トヨタの本気度が伝わってくる面白いインタビューでした。
タイトルと絡めるとブロックチェーンは目的ではなく手段なので、時間軸の長いこの構想の事業としての立ち上げ方と、ブロックチェーンを含む様々な技術ロードマップの理解と技術的な意思決定、グループ関係各社との調整力といういずれも難易度の高い要素を高次元で組み合わせられる経営力が最も重要に思えました。

またインタビューの内容とは関係ありませんが、トヨタの歴史を考えると金融子会社の社長をSMBC出身の方が勤めてらっしゃるというのも興味深かったです。
(すでにSMBCの方が社外取締役にも就任されていて、昔ほどの確執はもうないと思ってはいましたが。)
トヨタのブロックチェーン研究の総本山「トヨタ・ブロックチェーン・ラボ」。その中枢である金融会社のCEOに、トヨタがブロックチェーン開発に注力している理由を、ズバリ聞いてきました。

確かにそうだよなと思ったのは、トヨタはこれまでお客さんのことを、意外とあまり知らなかったということ。クルマを1台ボンと売ってしまえば、その後にどのように使われて、どうメンテナンスされ、いくらで売買されたかは「圏外」での出来事だったと。だからこそ続々と、ユーザーを理解するための仕掛けを始めています。

世界最大のカーメーカーであるトヨタが、金融とブロックチェーンの力を活用したら、どんなサービスが生まれるのか。ぜひご一読ください。
トヨタにとってはあくまで「全部やる」の一部だと思っている。体力があるから、やることを絞るより可能性があることは全部やって乗り遅れない方がいい。別にその中で失敗してもいいというモノで、全社として本気かというとそうではないと思っている。
https://newspicks.com/news/4729204
トヨタのリクルート化

豊田章男社長が2年前、製造業からモビリティカンパニーに変わると宣言しました。私は「車を売りきった後、廃車になるまでのビジネスモデルを作ってくれ」と言われました。
しかしトヨタのビジネスモデルは、これまで自動車を売った時に終わっていました。
トヨタがやっているのは、消費者にローンを組んでもらったり、リースで貸し出すところまで。あとは保険も売る。これが既存のビジネスでした。
これからは自動車が生まれてから、スクラップになるまでの「クルマの一生」において、金融を使って何ができるかが大事になります。
『TFSは20兆円を調達して、1%を取るだけで2000億円の利益になる。とても単純なビジネスモデルでこれまでやってきました。』

今までの成功モデルを捨てられるか。これからの10年が大きな分かれ目に。
データの民主化と言いつつ、トヨタ経済圏、みたいな中央集権的な発想が出てきていたり、ブロックチェーンありきで議論しているがために得意でもない(競争優位が無さそうな)決済の話を熱心にしていたり、首をかしげたくなる部分も無しではないですが、総論としては前向きでよい傾向、ですかね。

ベンチャーとの協業をものづくり、系列と同じお堅い感じでやっていると全くうまくいかないでしょうから、そのあたりの工夫がどうなっているのかも気になりました。
これは本当に期待したい取り組み。ブロックチェーンでデータの民主化を図ることは極めて重要。2024年に新札に切り替わる前に…あと4年でお願いしますTOYOTAさん🙇🏻‍♀️
カード会社に決済手数料を払わなくていいシステムをめざしているようです。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別インタビュー
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.0 兆円

業績