新着Pick
285Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここに書いてあるのは、転職に関わらず当たり前のこと。初めの1週間も大丈夫ですが、100日プランを作るのをお勧めしています。
100日プランは、大統領やCEOなどリーダーが作ると思われがちですが、全ての人に当てはまります。
まずは初めの100日をどう過ごしどんな成果を出すべきか、"転職前"に決めて臨むことが大事です。100日プランは上司と共有し、できればチームの面々とも共有するとどんなサポートを必要としているのかわかりやすいです。
日本だと試用期間があるので、その前に周りからフィードバックをもらうのも大切なことですね。
過去4回の転職を振り返って、まず「最初にする(した)こと」は何かと言うと、やはり「ヒト」を知ることです。ワタシの場合は「人事」なので、当たり前かもしれませんが、どんなバックグラウンドの人たちが、どんな言語で、どんな優先順位で働いているのか。何は好まれて、何は好まれないのか。とにかく話しかけ、顔を出し、会話する。聞く。自分を知ってもらうことと同じか、もしかしたらそれ以上に「ヒト」を知ることに時間を費やす。

一週間、ってわけにはいかないかもしれませんが、そうするとなんとなく、その会社やビジネスに流れている「コンテクスト」がわかってきますよね。組織図に表れない「チカラ関係」が見えてきたりする。あと「歴史」。ワタシ自身だけでなく、中途入社(異動も)で上手くいっている方は、その辺を結構大切にしているような気がします。

新しい職場での初期は、まず「そこのヒト」になって信頼関係の構築に努め、それと並行して小さな成功、いわゆる「クイック・ウィン」を目指す。ガツンと一発!と、目立つ成果を上げることだけにアセらないことが肝要じゃないかなと思いますね。
正直、面談/面接だけではパフォーマンスや能力はわかりづらくいかに早い段階で、「お?!こいつできるな」と信頼関係を構築できるかが重要です。

特に過去のスキルが評価されたキャリア採用の場合は、過去の経験と入社時の期待を早い段階でマッチングさせるように努めるべきです。キャリア採用の時は受け入れ側の期待値も高いのは間違いありません。

転職者の受入れ側も同様で、いかにそのポテンシャルが活かせる機会を与えてあげられるか、早めに双方納得感がある成果を出させてあげるかを意識してあげると良いですよね。
転職、社内異動、異なる環境で働く上で、早期に"信頼関係"を築くことが自身のパフォーマンスを発揮する上で最も大切である。ここでポイントとして上げられるのは、"自身の目線"でのパフォーマンスではなく、相手からの"期待値"を意識したい。相手に受け容れられて、初めて諸々な支援を受けられると思って行動することが大事である。一週間で対応するものを、三日で対応したら、"おっ!やるじゃん"という小さな信頼を得る。"期待値超え"を積み重ねていく…大変だけど、信頼を勝ち取るって、こういうことかと…思う。顧客からの信頼を勝ち取るのと同意である。自身の"ファン作り"…身近な人達から築いていくことが最初にやるべきこととして提案したい。
今月転職したばかりの私にとっては、この記事と皆さんのコメントが刺さりました。

記事掲載にあることは、新しい職場にきたから実践するのではなく、常日頃からやっておく必要がありますね。

内田さん、安田さんもコメントされていますが、やはり信頼関係の構築が重要だと再認識しました。
Dive in はワクワクするものです。良く90日で結果を求められると言いますので、その土台となる人脈と信頼を築くのは重要だと思います。
初期段階での社内でのパフォーマンスは、その後の自己ブランディングに大きく影響するから非常に重要。初めの印象って思った以上に強く残り続けますからね。
ここで書かれていることは当たり前だとして、あとは初期に割と任されるであろう誰にでもできるような普通の業務(リスト作成や、議事録など)で、圧倒的な精度を見せることが第一歩かなと思います。
なりはやで、PCのセッティングをすること、