新着Pick
76Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
(22日17時)
もう外出制限していますよ。たとえばルワンダ。今日(22日)の午前12時から全国で外出禁止となりました。本日あたりもう数カ国が決定するだろうとみています。感染者数が少ないうちからすごい勢いで先手を打っているので、二の足を踏んでいる感じは全然しません。

変化が早いアフリカの状況は、ツイッターに随時アップしています。
@umemotoyukari

追記(23日7時):
現時点のアフリカでの感染者数は1300人ほど、国別でみて100人を超えているのがエジプト、南ア、アルジェリア、モロッコ、二桁の感染者数なのが13カ国、感染による死亡者は大陸12億人のうち34人。感染者のほとんどがヨーロッパからの旅行者や帰国者で、じょじょに国内感染が見つかっている状況です。

なので、感染の程度としてはまだ初期ですが(もちろん、見つかっていないだけという話はあるものの)、すでに全ての国際線のフライト発着を禁止することを決定したり(ナイジェリア:感染者22人、ケニア:感染者17人など)、外出禁止令を出したり(ルワンダ:感染者数19人)といった状況です。集会や教会は多くの国で禁止や制限しています。政府がとても熱心にアナウンスしており、大統領は国民へのメッセージを頻繁に出しています。人々のコロナへの理解度はそんなに低くない印象です。

誰もが不思議に思っていますが、中国からの感染がとても少なく、ほぼ欧州です。春節の時期に戻って帰ってこなかった人が多かったことや、アフリカに観光でくる人はほとんどいないからかもしれません。

CTスキャンや人工呼吸器は全然足りないでしょうから、医療システムが整っているとはとてもいえませんが、一方で感染症はふだんから身近です。世銀や国際機関の支援はすでにニュースとして目にしています。ジャックマーさんがエチオピアとルワンダに寄付した検査キットと救援物資はもう届いていました。

ほんとのところ、この緊急事態が一息ついたときの、経済への影響が心配です。交易がほぼ絶たれる状態で、外貨を稼いでいる輸出業がほぼストップです。輸入の方も中国などからの輸入品が入ってきていないので、品不足や物価の上昇の兆候があります。また、この自粛状況は、都市部の大半の人の生活の糧を奪ってしまいます。経済でも人は死にますから。
今月やっとエボラ出血熱の最後の患者がコンゴで退院し、終息宣言も間近だというニュースが出たばかりでした。少し希望が見えたかと思えば試練が続きますね。

医療施設の整わない国が多い中、うまく感染を抑えられることを切に願います。
悪い意味で、一帯一路の広がりを考えたらアフリカで広がらないのはおかしい(中国との関係がズブズブ)と思ってましたので、やっぱり警戒しないといけなくなってきました。
人流と疫病の関係がよくわかります。私は4月にアフリカ旅行を計画し、予約を入れていましたが、入国できそうもないのでキャンセルしました。