新着Pick
82Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
旅行業界全体が壊滅的な今の状態は、逆張りで考えれば施設側の顧客開拓を行うには絶好のタイミングなんでしょうね。果たしてこの賭けに勝てるかどうか。
こんな状況下、事業者にとっては資金を確保することが何よりも最優先事項です。その点で、この賭けの主体は事業者よりも資金の提供者なのかもしれませんね。
世界的にホテルなどホスピタリティ産業が
逆風にさらされている今だからこそOYOの
ようなバジェットホテルチェーンのビジネス
モデルが見直されるのだと思う。
今の事態が収束し、社会経済が正常化する中
でホテルや民泊を含む幅広いホスピタリティ産業
のあり方が変わることは間違いない。
テクノロジーの活用がさらに進むことは誰も否定
しないだろう。欧米もその例外ではない。
SVFはそのあたりの準備に抜かりがないはず。
それを踏まえた資本調達なのだと受け止めている。
【注意:わたしはすでにOYOを退職しているのであくまでも個人的意見です】
ホスピタリティ産業が潰滅的ダメージを受けるなかシリーズFを大変な条件ではあるが半分以上調達した手腕はさすがだと思う。
OYOインドのファイナンスチームは非常に優秀なことは太鼓判を押せる。SVFも非常に協力的だ。
唯一“svf india は oyo 株式の50.6%、ra holdings は25.87%を保有することになる”っていうところがちょいと悲しい、、、
高級ホテル陣はエコに傾く中、OYOにも期待したい。
特にヨーロッパ市場を狙うので有ればmust propositionだと思っています
つまりSBと創業者Riteshが出資した、と。他の大手VCやPEがついてくれれば一般的には良いのでしょうが、なにせRiteshのことなのでビッグピクチャを描いているのでしょうgood luck!
ポスト新型コロナウィルスで、旅行という概念が、どう変化するのか?
それを投資家達がどう考えるかで、今後の運命が決まりそうですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
「OYO」の運営会社「 Oravel Stays は、継続中の15億米ドルの調達ラウンドの一環として、2つの支援企業から8億700万米ドルを調達した」とのニュース。
ソフトバンクの SVF India は約5億700万米ドルを投資したそうです。
RA Holdingsというのは創業者の会社で、この状況下でも追加出資。
株担保ローンで日本の証券会社も融資しているはずですが、未上場ではそこまで担保価値はないため、孫さんかソフトバンクが保証しているのではないかと思います。

引くに引けなくなってる部分もあると思いますが、ここまでリスクを取れる創業者と投資家はそうそういないですし、以前一度創業者の方とはお話したこともあり、個人的にはとても応援しています。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
14.3 兆円

業績