新着Pick
73Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この難局面における意思決定は簡単ではない。何を根拠に決断するか。それは経済損失とかだけではなく、そもそも論である「五輪の目的、開催意義」に立ち返り判断することが重要。また、五輪の競技大会はアスリートの世界一決定戦ではなく、オリンピズムを世界に広げるための活動のひとつ。つまり手段のひとつである。であるならば、開催国として、競技の開催、延期にかかわらず、本質である五輪の意義について立ち返り、今こそ打てる(競技大会以外の)矢を放つ思考が大事だと思う。その延長線上に競技大会を迎えられれば。。。
もちろんオリンピックはやってほしい。しかし、一方でオリンピックが延期や中止になれば、日本経済は崩壊すると言う人がいるが、それは違う。日本はオリンピックで飯を食っているわけではない。オリンピック中止で日本が崩壊するなら、毎回日本で開催しなければならない。日本はイベント屋さんではない。
中止となれば痛手だが、それでもその痛みはすぐ吸収するだろう。また、実際にはオリンピック需要の大半は既に建設需要という形で顕在化している。まして中止ではなく延期なら、消費やインバウンド関連の経済効果は後倒しになるだけ。
関係者やその先の調整も含めて簡単でないことは間違いないが、オリンピックは無理やりやるイベントではない。早く決断したほうが良いだろう。そして、延期や中止をマスコミは、この世の終わりのように報じるべきでもない。
この2、3日で大きく状況が変わった。欧州だ。ラテン3国の死者数は異常だ。その他欧州、米国も危険水域。
相手が違うだけで死者、重篤者、経済被害の規模は、もはや戦争をしているのと同じ水準に達している。
開催国の安全性の議論から、選手を送り出す世界各国の状況の議論に移っている。何百、何千の死者を出す各国の数ヶ月後の社会的、経済的、心理的な状況を冷静客観的に予測するならば、答えはそろそろ一つに決まると思う。
であれば、来年夏に開催予定の陸上と水泳の世界選手権も一年延期していただかないと、五輪の一年延期は難しいでしょう。
IOCとしては、中止もしくは「異例の」延期を決断したいところだっただろう。外堀が勝手に埋まってきてくれて好都合のようにも感じる。
早く決めないと、被害がどんどん膨らむだけです。
現状の延長で考えると中止、延期でしょうが、一度決定するとひるがえらないでしょうからなるべく先まで待って好材料が出るのを待つ、ということでしょうね。有効な治療薬が公式に確定して供給体制が整うとか。
日本は実効再生産数が 1 を切ったので延期する理由は無い

もし欧米の感染が理由で延期する事になったら IOC に損害補償を求めるべきだ