新着Pick
594Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
航空・輸送や外食産業などはすぐにイメージできますが、コロナ危機下において注視すべきは何もこれらに限りません。The Wall Street Journalの記者たちが分析した未邦訳の記事を、NewsPicksが独自邦訳してお届けします。
個人的には、今下がっていないものより、下がっている中で需要が消えないもの、生き続けるものの方が興味深いと感じる。
株ではないが、原油なんてその典型。需要が消えるわけではないし、価格が下がればむしろ需要は増える財。サウジが政策的に増産を続けても、いつかは誰かが倒れるわけだし、そしたら需給ギャップが一気に改善して跳ね上がる。またサウジにとっても低価格で生産し続けることは本来であれば避けたいわけで。
航空会社はハイリスクハイリターン。各国で業界から救済依頼が出て、救済案も検討されはじめている。ただ救済されれば希薄化や今後の経営への影響はあろうし、救済されないところも一定出てくるだろう。一方で元々世界の輸送人口は増加の一途だったし、LCCをはじめ破綻するところが出てくると、供給力が減る。供給力が減れば、多少の値上がりによって需要はマイナスになるかもしれないが、生き残った企業の稼働率は高くなり、利益が極めて出やすい状態になると想定される。
常にリターンを出し続けることが求められたり、説明責任が重くて破綻リスクがある企業に投資しにくい機関投資家と、自分のお金で自由な時間軸で投資できる個人投資家は、投資の時間軸もどういうリスクが取りやすい・取りにくいかも違う。
先日、コロナの影響でSpotifyの利用が急激に落ちているという報道がありました。確かに株価も下がっている。一方でZoomは最高値を更新。

Music streaming may actually be falling because of coronavirus
https://qz.com/1820896/music-streaming-may-actually-be-falling-because-of-coronavirus/
不謹慎かもしれませんが、こういう有事の真っ只中にいることを、観察によって得られる経験値で将来取り返そうとするのが吉だと思います。なかなか起こることじゃない出来事が起こっている。変に目を背けずに刮目してみることが、結果として次また再び近い出来事が未来起こった時に対処する力になるはず。
市場の本格的な反転ムードは、手元にウン10兆円の平時では使いきれないキャッシュをうず高く積み上げでいるバフェットやFAMGAが超大型買収を打ち出した時なのかな
ウォーレン・バフェット氏の言葉はまさしく「人の行く裏に道あり花の山」だが、そもそもは今般の暴落局面に入る前、2月中旬に米国株の主要3指数が軒並ピークを付けるまでの間、臆病になってせっせと準備できていたかどうかが、最初の成否の分かれ目といえる。

当然のことながら、安易に追い駆けるのは避けたほうが良いと思う。しかしながら、自らリスクを取らずに口先だけでああでもない、こうでもないと言っているのとは異なる、本物のリスクテイカーの動向は気になるのもまたたしか。
バフェットさんのいう「金の雨が降る」タイミングが近づいてきているようです。それはどのセクターなのか。どの企業なのか。彼のメガネには虹がかかりそうな企業がみえているのでしょう。
どれも「確かに」と思う10個ではありますが、それ故に、これらを買っても当たることはないとも言えませんか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
株価は期待値を織り込んだもの。
人の意見に左右されているようでは「人の行く裏に道あり花の山」は遠いけれど、人の期待がどこに集まっているのかはわかります。
個別企業の方がはるかに面白いと思います。今私は、BA、TSLA、SHOP、NFLX、AMZNあたりを注目しています。
この連載について
新型コロナウイルスが、いよいよ経済にも悪影響を及ぼし始めている。人の行き来が減ったことで、鉄道や飛行機の利用は減少し、外食や小売り、ホテルなどさまざまな業界で先行きが怪しくなってきた。株価は世界的に暴落・乱高下し、世界経済は「コロナ危機」とも言える状況になっている。NewsPicks編集部が世界各地で起きている危機のいまを追う。