新着Pick
166Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
仏教のお寺がこれから立ち行かなくなって多くが消えていくのは、確かにもう既定路線です。ただ、だからといって、お寺が別のもの、カフェとか、メンタルケア・カウンセリングとか、シアターとか、そういう業者になるべきか、というのはかなり難しいところです。そういう業者はすでにあって、その多くが十分に厳しい経営状態にあります。
 葬式仏教では立ち行かない、あるいは葬式仏教は本来の仏教の姿ではない、といっても、日本の仏教は、もはや徹底的に葬式仏教に特化しています。葬式仏教にはお金がかかるし、そのためにお金を稼がねばならない、というのは、それはそうでしょう。ほとんどのお寺は、数は減ったとはいえ、檀家衆というものを抱えています。その人々が満足するように、体裁を整え、墓地を維持していくには、それはお金がかかるでしょう。仏教の本来の姿からいえば、金を稼ぐことなど一切せず、財産を一切持たず、喜捨だけに依存して生きていく、というのが正しいでしょう。
 何百年の付き合いのある檀家衆を捨てて、さほど収益が高いとは思えない、すでにあるような他業種に転換するのがそれほど生き残りにつながるか、というと、多くのお寺はそうは思わないでしょう。何といっても、お寺と檀家と墓、というビジネスモデルは、なかなか業界外から参入できるものではありません。マーケットは収縮していくにしても、競合の無い、独占に近い業種であり、いわば旨味があります。
 およそ日本の宗教である限り、やることは先祖祭祀であり、シェアを増やすというのは、他から檀家を奪う、ということです。日本の宗教市場は収縮が続いていますが、多少とも成功している宗教団体というのは、他から若い世代を中心に檀家を奪っているところです。カフェやカウンセリングに転業して大きく収益を増やした宗教団体というのはありません。
 市場全体が収縮していくのだから、本当の意味で生き残りに通じる打開策は、グローバル展開くらいでしょう。日本の宗教団体で、グローバル展開に成功していところとなると、5本の指で数えられるくらいではありますが、東アジアや南米、インドなどの市場で、合わせれば日本と同じくらいの檀家衆を抱えている、という大手宗教団体はいくつかあります。
時代に合わせて仏教、宗教さえも変わっていく。
日本史を学んでいたら仏教も変わってきているのにいまこの時点でいると変わることの難しさを痛感する。
その点で変わるということに強い意志を感じる素晴らしい記事。
面白いなー。たしかに、なぜ亡くなった方への行為が課税されないのに、生きている人への行為は課税されるのか。このビジネスと宗教がクロスするのは大愚和尚ならではの視点だなー。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。