新着Pick
426Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日の専門家会議の提言を鑑みても妥当な判断かと。
感染拡大していない地域ではなおさら。
全国の親も学校関係者も、4月から通常通り始業できるか、入学式できるのか、など気になる毎日。
この方針を受けて、各自治体が方針決めるんでしょうから、来週にもと言わず早めにだしてあげてほしいです。
本当にいいのか?3/2からの一斉休校要請は人心に自粛スイッチを入れてオーバーシュートを回避させた良策だったはずなので、解除が一気に緩みを生むとは思うけども。
休校を解除すると自覚症状のない若い人達が感染を拡大させるリスクは高いでしょうが、自覚症状がないということは、若い人たちは感染しても重症化し難いことの証左でもあるわけですね・・・
重症化し易いのは高齢者と持病のある人に限られ、健康な子供や若者、壮年者は感染してもリスクが低い、ということが仮に明らかなら、高齢者と持病のある健常者に限って隔離を進め、それ以外の人達は普通に活動して貰うといった選択肢はないものか (・・?
もちろん、乱暴な話だとは思うけど、このままあらゆる活動を止めてしまったら、経済的に倒れる若者や壮年者が急増しそうな予感もするだけに、合理的に判断して一定のリスクを取る必要もありそうに感じないでもありません。そういう意味じゃ「一斉休校、来週にも一部解除へ」というのは、妥当な決断だろうと思います (@_@)フムフム
現段階に至っては、「全国一斉」というのはナンセンスに思えます。

感染が確認されない地域もあれば感染が拡大し続けている地域もあります。

地域に応じて、取り扱いを変えるのが現実的でしょう。

また、休校にするのではなく「校庭の開放」「自由通学」その他、柔軟な形態を提案すべきだと思います。

休校になった中高生が渋谷の人混みで遊んでいたのでは、逆効果ですから。
週末幼児の子供を連れて公園にいくと、普段いない小学生がごまんといて、公共の交通機関も減便されたゆえに道は大渋滞。
休校した小学生と開園中の保育園児の兄弟を持つ親は父母交代でテレワークで子供を見る。
テレワークの準備ができていない会社は慌てて準備して対応に残業する。

これが休校以降に見てきた現実。

人の数が減るわけではないので空いているところに人は集まるが、いいトレーニングになりました。
週明けには休校による欠勤を4月以降どう対応するか決めなくてはならないので一部解除の一部ってなんなのよ、をクリアにしたい。
一斉休校が解除になりそうです。新学期からまたいつもの生活に戻れそうなのは、明るいニュース。

感染者が多く出ている地域はどうするべきか。
そもそも感染地域かそうでないかの線引きはどうするのか。
学校を再開するための具体的なガイドラインはあるのか。

などは各現場が気になる点ですので、休校解除と一緒に方針が示されると良いなと思っています。
んーあんまり理解できない。一斉休校は、子供の感染を防ぐということの他に、これによって親が家に留まることにより(i.e.親の外出が減る)感染防御に繋がる、というエビデンスも、ネットワークの権威クリスタキス教授が指摘しています。こうした微妙な時期での解除が一番中途半端で危険な気もしますthx.
https://twitter.com/NAChristakis/status/1235204443362205699?s=20
地域の状況により弾力的に対応するのは自然な流れですが、一斉休校を要請した2月末よりも状況としては厳しくなっているので、線引きが重要になります。

殆ど感染者の出ていない地域は良いとして、東京や大阪などの大都市圏をどう判断するか。通常であれば、当該学校の児童生徒に感染者が出たら休校という所が基準になりますが、今回のコロナでは複数の感染者が継続して発生している地域では地域単位での休校も必要でしょう。そうなると首都圏は人の動きも多いだけに休校の解除ラインが難しい。

なお一斉休校についてエビデンスが十分でなく評価が難しいとのことですが、感染者の出ていない島根県は感染者が出るまで休校しないという方針を取りました。結果、今日まで感染者はおらず学校を休校せずにすんでいます。感染者のいない地域では学校が開校していても感染が広がらないことが確認されました。こう書くと当たり前のようですが、他県では感染者ゼロでも休校が続いています。北海道だけでなく、当たり前のように映る島根も独自の判断で学びを止めなかったモデルとして見るべきだと思います。


追記:
ガイドラインでは、ぜひ部活動に踏み込んで書いてほしいです。休校の中では当然部活動も停止ですが、春休み中に部活動をするかどうかは判断が難しい部分です。しかしこれまで自宅待機が長かったストレスもあり、可能であれば室内で密集する状態を作らない前提で活動再開ができれば、身体を動かす機会になるので大きいです。
良い方向ですね。(^^)

・一斉休校、来週にも一部解除へ。
・イベントは、主催者がリスクを判断して、感染対策のあり方にも留意して欲しい。(つまり、主催者の判断へ)。

一歩一歩正常な状態に戻していきたいですね。
ロザンの菅さんが、YouTube動画で、
もし一斉休校をしていなくて、子どもに感染者だ一人でも出た場合、卒業式がなくなって、その十字架を背負わせるには重すぎると、だから一斉休校に賛成だと仰っていました。

とても納得しました。

さて、今回の疫病はそもそも収束するのかどうかもまだ分かりませんが、一度一斉休校にしたことで、地域の事情に合わせて解除したり、もう一度休校にしたりもしやすくなっています。

判断のミスがあるのは仕方がないので、間違っていたらそれをみて、前言撤回しながらもやるべきことを進めて欲しいものです。