新着Pick
110Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
法人税の納期限の延長(延滞税なし!)は資金繰り面では非常にメリットが大きいですね。また、中小企業の固定資産税免除は喜ぶ会社さんも多いでしょう。現場を見ている税理士としては、消費税の納期限(予定納税を含む)も延長して欲しいものです。

ただ、本当に経営に困窮している法人はそもそも赤字で課税所得が生じていない可能性が高く、納期限の延長といっても納付する法人税額が無く、実質的に何の恩恵も受けられないことも考えられます。

したがい、記事に記載の検討内容に加えて、法人税まわりということであれば、欠損金関係の制度の拡充も非常に期待しています(例えば、欠損金の繰戻還付制度の適用対象事業年度の増加や住民税や事業税にも繰戻還付を適用可能にする、大企業の繰越欠損金の損金算入制限(50%)を全額損金算入可能に緩和する、など)。

ご参考までに、簡単に欠損金に関する現行制度を記載しておきます。

(1)欠損金の繰戻還付制度
当期の課税所得がマイナスの場合、中小企業者等(資本金1億円以下などの要件を満たす法人)は、1年前まで納税した法人税が還付される制度があります。
(国税庁HP)
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5763.htm

(2)大企業向けの繰越欠損金の損金算入制限
繰越欠損金(過去9年~10年に発生したマイナスの課税所得)がある場合は当期に発生するプラスの課税所得と相殺することが可能ですが、資本金が1億円を超える法人などは、相殺額の上限が当期の課税所得の50%に制限されます。
(国税庁HP)
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5762.htm
緊急融資制度も構築されましたが、殺到と申込み審査長期化でその前に倒れそうな企業が出つつあるようです。それを受けての緊急対応と思いますし、重要かと。

加えて、感染者が出現した際の消毒コストなどを嫌気する動きも出ていますし、その場合の補助金制度も今後必要になると思います。もしもに備えての治療や検査を受けるインセンティブ設計も必要になってくると思います。
日本のGDPは、日本国内で人々が働いて1年間に生み出すモノやサービスの価値。公務員さんの給与など様々なものが含まれますが、売れば直ぐカネになる天然資源が乏しい我が国で、国民を本当に豊かにするGDPは、広い意味での企業活動が生み出すモノやサービスの価値しかありません。いま最も警戒すべきことの一つは、GDPを生む企業の資金繰りが行き詰り、次々倒れて行くことです。
税金は、未払いの賃金や仕入れ債務などより先に払わなければならない重い義務。儲かっていて倒産し難い企業ほど相対的に法人税が大きく、延期の恩恵を受け易い、という構図の中で、どれだけの企業が救われるかは分かりませんが、国の資金繰りに余裕があるなら、公共の福祉に資する政策だと考えて良いように思います。
ちょっと疑問が浮かぶのは、納税延期で未払いの税金を抱えた企業が倒産した時どうなるか。実態的に賃金や仕入れ資金の支払いが優先され、税金を取り損ねることも起こりそう。税金が労働債権にすら優先するのは、税金が全国民の公共の福祉に供すると考えられているからで、納税延期を認めることは、その原則を多少崩すことに繋がります。そういった問題はあるものの、緊急事態への対応として、やっていいんじゃないのかな。(^^)v
過去に利益が出た法人の法人税だが、納税資金の工面が当座難しいならしばし納税免除は良い。いっそのこと、今期に生じる恐れのある欠損金と相殺して(過去の利益が多い場合は)納税ないし(今期の赤字が多い場合は)還付する仕組みを適用(要件緩和)してはどうか。
これは、欠損金の繰戻しによる還付制度の適用拡大で対応できるだろう。
そうすれば、過去の黒字と相殺することで、実質的な納税免除ができるとともに、今後利益が急回復すれば、欠損金の繰越控除を使わずに済むから、法人税収もすぐに回復できる。
個人の所得税(確定申告)も法人税も消費税も(12月決算のため)もぜんぶ納めちゃいました。

あとは中小企業や個人事業主の資金繰りを支援するためには社会保険料の納付も猶予するといいと思います。
キャッシュが乏しいのに消費が戻らないのが多くの中小企業の不安。足元で無利子無担保融資で調達したとしても、3年目以降は金利1.36%の借入金に違いはないですし、消費が戻るまではキャッシュアウトに繋がる対象の免除とかないと将来の首を締めるだけなのが気になります。
延滞税がかからないようにして法人税の納付期限を1年間延長する施策の検討に入ったとのこと

しかし、赤字企業はそもそも法人税の納付は生じないわけなので、これが本当に倒産防止の施策になるのかどうかは疑問

それであれば消費税の納付期限を延長した方が良い。消費税は赤字企業でも納付になる可能性が高く、自転車操業の中小零細企業は消費税の納付ができずに分割納付となっている企業も多い

条件付きでも良いのでこういった企業の消費税の納付こそ期限延長の施策を打ち出してほしい
3月決算の場合、5月末が納付期限なので資金繰り支援になりますが、そもそも半数以上が赤字法人なので、本当に困っている先への効果は限定的だと思われます。
決算時期によって支払う時期が違うので、どの法人も助かるわけではありません。しかし、やれることは何でもすると言いうスタンスが見えるので安心しますね。