新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こちらも、小幡さんの記事と並んで「良質」な記事です。今回の機会に基づき、僕はかなり早い段階で、感染症やウイルスに関する書籍を読みあさりましたが、世の中の論評やテレビの似非コメンテーターの指摘はミスリードばかりです。逆に、日本政府の対応は、一部の専門家の助言に基づいているはずですが、「成功」しています。あとは、できるだけ早期に、経済活動を正常起動に戻してほしいものです。「花粉症」対策に入る時期だったことも、日本はラッキーだったと思います。

----------

今回の新型コロナ騒動は、バランスに配慮した警戒レベルの引き上げで対処すべきです。さもなくば、後世の人々に「恐怖が招いた偽パンデミック」として笑われるでしょう。精度の悪い検査で一喜一憂し、腐っているかもと色の変わり始めたリンゴを切り刻んだ結果、身をほとんど切り落としてしまったという現実が、まさしく今です。もうそろそろ気づいてもいい頃でしょう。

P.S. 一人の死亡者も出さないというレベルの対策はやる必要がありません。年間3000人以上が死亡するインフルエンザには大して気にもかけないくせに、これまで死亡者50名弱の新型コロナには、天地を揺るがすような大騒ぎをしています。
我々民間企業が意識すべきなのは、過剰な自粛は少しずつ解いていくこと。
衛生管理、オンライン化、ソーシャルディスタンス(適度な距離確保)、換気、に気をつければ100点満点でなくても、大抵のイベントや行事は行える。

*****
”国の専門家会議は「実効再生産数はおおむね1程度で推移している」という見解を発表した。再生産数は感染力(1人の感染者が何人に感染させるか)を示す指標で、これが1ということは、コロナの感染拡大は止まったということだ。もしこれが今後も続くと、日本のコロナ感染は遠からずピークアウトするだろう。”

”「一定の感染を容認する集団免疫戦略は非人道的だ」という批判が多いが、それ以外の道はあるのだろうか。今の自粛や休校をいつまで続けるのか。患者がゼロになるまでか。無期限に封じ込めを続けていると日本経済がボロボロになって、コロナの死者より多くの人が自殺するだろう。

 ヨーロッパの経済学者グループは、イギリス政府の報告書をもとにして「あらゆる経済政策を動員すべきだ」という緊急提言をまとめた。

 彼らが指摘するように、新型コロナの感染は一時的なものだが、その経済的な影響は長く続く可能性があり、感染の封じ込めで感染の山を低くすると、経済危機の谷は深くなる。日本政府はこのトレードオフを認識して、過剰な封じ込めをやめるべきだ。”