[ワシントン 19日 ロイター] - トランプ米大統領は19日、米経済に新型コロナウイルス流行の打撃が及ぶ中、特定企業への政府出資に支持を表明し、政府のこれまでの民間企業との関係が劇的に変化する可能性に道を開いた。

連邦政府が民間企業の株式を取得することを支持するかとの質問に対し、トランプ大統領は「支持する」と応じ、「われわれは航空業界、そしてクルーズ船業界を支援する。恐らくホテル業界もだ」と述べた。

これに先立ち、ムニューシン米財務長官は、航空会社など新型コロナで打撃を受けている大企業への支援として、政府出資も「あり得る」という考えを示した。

新型ウイルスの感染拡大に関連する支援の要請は、融資保証や税控除などの形でこれまでも多くの企業から寄せられており、総額はすでに2兆ドルを超えている。

トランプ大統領は1兆ドルの支援で十分かとの質問に対し、「どの程度の期間にわたり継続するかによる。感染拡大を封じ込められれば十分だ。封じ込められなければ再度協議する」と述べた。

*内容を追加しました。