新着Pick

豪のカンタス航空、国際線全休へ 従業員2万人、一時帰休

共同通信
豪のカンタス航空、国際線全休へ 【シドニー共同】オーストラリアの航空最大手カンタス航空は19日、新型コロナウイルスの感染拡大による需...
106Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国の航空業界団体は、政府に500億ドルの支援を求めています。
https://www.afpbb.com/articles/-/3273753
 マレーシア航空は、関連グループ企業を含めて、社員に対して可能な限り3か月の無休自宅待機を求めています。同様の措置を取る航空会社は世界中で見られるでしょう。
 タイ航空なども、月間の売り上げが前年比で半減しているそうですが、類似の売り上げ減になっている航空会社は多いでしょう。
 やはり問題はいつまで続くか、ですが、どんな業界であれ、売り上げが前年比で半減して、それが半年続いてもやっていける会社というのは、多数派とはいえないのではないでしょうか。
オーストリアの「世界全域への渡航禁止勧告」にあわせて、
これにあわせるように、カンタス航空が全面運休。
こうなると、海外にいるオーストリア人の動揺は大きいだろうと思う。
(まだ、2週間隔離はあるが、同国人は帰国自体はできるが、、。)

日本人にとっての「日本が海外への全渡航を禁止」「JAL、ANAが全面運休」みたいなもの?
日本がそうならないことを祈りたい。
https://this.kiji.is/613163175176291425?c=113147194022725109

(参考)オーストリアの「世界全域への渡航禁止勧告」
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-australia-idJPKBN21502T
この波は続々と世界に届いています。青年海外協力隊は全世界から帰国中、アフリカの商社駐在員やJICA関係者の多くが帰国中。サブサハラアフリカでまだコロナによるパンデミックは起きていません。しかし、これから訪れる感染拡大による医療システムの崩壊、治安の悪化、公衆衛生レベルの低さにより歯止めががかからなくなる可能性もあります。まだ未知なのに帰国するのはいかがなものか。もう少し実体が明らかになってから帰国などの判断はできないのか、という声もありますが(特にJICAや大使館関係者に対し)、ロックダウンがはじまるとtoo lateなのです。既に東アフリカルワンダ(感染者数11)なんかでは1ヶ月間の出国禁止。そして、国際線が運休を発表しまくってます。例えばガーナ-ドバイのEmiratesは土曜日3/21から2ヶ月間運休、エジプト航空も今日から、トルコもXでエアフラやKLMも近々でしょう。エチオピア航空は最後まで飛ばすらしいですが。。なので、もちろん致死率が低いというファクトもありますが、アフリカという池に住んでいる以上、just in caseで常に動くというのは絶対条件です。高気温高湿度に弱いというエビデンスも現時点では無いですし変種も可能性としてはあるでしょう。よって、陸の孤島と化す前に自国に帰るという判断は非常にmake senseだと思っており、欧州組も同じ考えでここ数日てんやわんやです。現場からは以上です。
カンタス航空より、グループ会社のジェットスター全休の方がひびく方が多いと思います。利用客が減っているのはわかるし、従業員の命も大事なのはわかりますが。
SAPのCEO室特殊任務組織時代の同僚が卒業後彼女はカンタス航空に私はパナソニックに行った。彼女はP&Gから来てデータ戦略やオペレーションに強い人だった。先月CIOを務めたカンタスを退社して、ボーイングに行くと連絡があった。カンタスもこの状況、ボーイングはまさかの破綻危機。6兆円もの政府支援を要求とか・・。大丈夫か。

今日、外出禁止令が出ているこちら(カリフォルニア)で、医者に行くために(essential)クルマを運転したら、サンノゼ空港にANA便(NH108)が降りてきた。この状況でまだ飛ばしてるのか!と思い複雑だった。原油価格は下がってるけど経営コストの2割を超えるのが燃料費。がらがらの空席で一部の需要で飛ばし続ける。公共財社会インフラとしての使命は本当に頭は下がるけど・・。皆さんNH8(ダイヤはほぼ同じのサンフランシスコ空港)に寄せるなど、協力できませんかね。
社会の仕組みが違うのでしょうか。政府も企業も我が国とは行動様式が違うように思います。そういえば、戦争の仕方も違いましたね。
欧米では、航空会社のCAや地上職員には、パート労働者が随分いますが、豪州ではどうなのでしょうか?
豪州は、解雇や一時帰休が比較的容易な代わりに、失業時の手当は厚かったはず。

コロナウイルスの致死率が医療崩壊しない範囲で収まれば、地球上での陸の孤島である豪州は、航空会社は国の命綱ですから、早期再開を望む筈です。
そのための海外渡航禁止策のはずです。
ですからカンタス航空に関してはそれほど悲観していませんが、問題はLCCでしょう。気軽な海外旅行が戻るには時間がかかると思います。それまで資金繰りが保つか?です。
カンタスからすれば、仕方がないでしょうね。
しかし、この展開はさすがに想像できなかった。

世界の壁、試されてるな…。
国際線の全便を運休と。大変な事態。
「グループ約3万人の従業員のうち3分の2を一時帰休とする」とのこと。
こういう航空会社増えそう。