新着Pick
34Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
倍率低下に少しの希望。とはいえまだまだ1倍以上。保活の苦労は続く。
倍率1倍以下でも自宅近隣の希望地域には入れない現状もある。
さらに期中の途中入園の可能性などを考えてもまだ不足感は否めない。
将来の供給過多の心配よりも保育環境の整備、保育士の過重労働の改善等を考えることが重要。
JR東日本で駅型保育を担当していたのが約10年前。その頃保活が大変になるとすでに言われており、実際その通り。当時驚いたのは保育園が足りないと言われていても倍率1を切るところも少なくなかったこと。不便な場所の倍率は低く、便利な場所は高く、トータルで公表の数字になる。
倍率低下と言われても入れなければ一緒。子供つくるのも授かりものなのに保活のために産む時期まで考えるのは負担大きすぎる。また、保育園をつくろうとすると住民の反対があるのも、日本では良くある話。制度含めて、国民性もっと大雑把になったらいろんなこと楽になりそう。
株式会社オンワードホールディングスは、東京都中央区に本社を置くアパレル会社の持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
392 億円

業績