新着Pick
766Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Appleの新しいiPad Proには、iPhone 11で人気だった超広角カメラを備えるカメラシステムに、5m先までのオブジェクトを室内外問わず、ナノ秒レベルで計測できるLiDARスキャナを備え、AR体験を飛躍的に高めると同時に、ARコンテンツ編集環境としても注目です。写真、ビデオ、ARと、「最高のカメラにこだわるタブレット」という特異な存在を獲得しました。

多くの人にとって注目は、トラックパッドを備えるMagic Keyboardが用意される点。こちらは5月発売ですが、iPad Proを宙に浮かせる形で固定でき、簡単に角度が変えられる仕組みで、ヒンジの部分にUSB-Cポートも搭載されます。MacBook Proで好評だった深めのキーを備えるキーボードオプションと合わせて、ますますコンピュータの新しいスタイルをアピールすることになりそうです。
新Pad Proも魅力的な製品ですが、注目は同時にリリースされるiPadOS 13.4。
新しいMagic Track Keyboardにはトラックパッドが搭載されていますが、これは新iPadの機能ではなく、iPadOS13.4の新機能なので、従来のiPad proやiPad airでも、実はMagic Track Keyboardを買わなくてもトラックパッドを使うことができます。(因みにMagic Track Keyboardは旧来のiPad Proも対応しています)
それだけでなく、Magic Mouse 2、Magic Trackpad 2も動作しますし、BluetoothまたはUSB接続されたサードパーティ製のマウスも動くようです。

iPad OS13.4ではフローティングサークルという新しい種類のカーソルが実装されます。
これは通常は円形をしていてユーザーインターフェースの要素を強調表示したり、テキストを選択するなど状況に応じて形状が変わるというものらしいです。

また新しいMagic Track Keyboardはトラックパッドがついたことばかりが注目されがちですが、約1ミリのキーストロークが確保され、打ち心地が大きく改善されたとのレビューがあります。
今までのSmart Keyboard Folioのペラペラ、ペコペコの酷い打ち心地に嫌気がさしていた人(私を含む)にとっては朗報ですね。

さて肝心の新iPad Proの改良点は主にカメラですが、これが評価が難しいです。何せ自動運転車用だと思っていたLiDARセンサーをタブレットに積むという謎仕様で、正直一体どういう風に使うのかさっぱりわからないので。
今後評価は今後出てくるARアプリ次第かなと思っています。

まあ既にiPad Proを3台持っているガジェオタの私はどうせ買うのですが、旧iPad pro、airをお持ちの方でARには特に興味がなければ、今回はスルーでもいいかもしれませんね。

(追記)
タイトルにはトリプルカメラとありますが、広角+光学2倍望遠+LiDARセンサーなので、カメラはトリプルではなくデュアルレンズです。
お間違えなく。
しかし中国があれで世界がこれで、出荷できるのか?PC買おうとしたら在庫がなく入荷未定。年度末ってのもあるが…パナソニックのレッツノートに久しぶりに回帰するかどうか思案中。新年度から研究室の支店さらに増やすので設備投資中。世界が危なくなると仕事が増える人生である。
最悪の状況での発表となったが、これはこれで素晴らしい。

買うか買わないかではなく、
(今アメリカにいるので)アメリカで買って持ち帰るか、
日本に夏に帰国した時に買うかの問題。

トラックパッドつきMagic Keyboard(5月発売)
だけ早くほしい。
旧モデルにも対応しているらしい。
12.9インチiPad Pro(第3世代と第4世代)
11インチiPad Pro(第1世代と第2世代)
https://www.apple.com/jp/ipad-keyboards/

動画を見るともっとほしくなる。
https://www.youtube.com/watch?v=09_QxCcBEyU&feature=youtu.be
まじで、モバイルデバイスにLidarが載る時代なの!!??

これを車に積んだらそのまま自動運転できそうなレベルのセンサスイートだ。
新iPad Proが発表。下記動画が詳しいです。
https://youtu.be/09_QxCcBEyU
Apple HPも更新されています
https://www.apple.com/jp/ipad-pro/
新しいMagic Keyboardが良いですね。トラックパッドがあるからにはカーソルが出るんですよね...? カーソルの方が指やペンより正確にポインティングできるので細かい作業に向いてると思います。
あとは宙吊りで自由な角度に固定できるカンチレバー構造に、関節部にUSB-Cポート。

本体よりこのキーボードの方が気になります(笑)
Keyboard付けたバージョンを欲しいです。でもいよいよ所有しているMac Bookを持ち運べば事が済む気がしてきた。
LiDARスキャナ搭載、かつ値下げというのがポイントだろう。
やはり、iPhone 11での経験で、値上げしすぎると需要量とのバランスが厳しいという判断になったのだろう。今年の秋モデルは5G化するだろうが、そこでどういうプライシングをしてくるかも注目。
世界各地の国境が封鎖されているこのご時世に、新商品をグローバルに発表できる社内体制・製造力・物量網にただただ尊敬です。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
152 兆円

業績