[17日 ロイター] - 新型コロナウイルスの拡大抑制対策として、米国では自動運転車の試験走行中止が相次いでいる。バックアップの運転手の同乗が必要なためという。

アルファベット<GOOGL.O>の自動運転部門ウェイモは17日、アリゾナ州フェニックスにおける無人自動運転車「ロボタクシー」の試験サービスを一時的に中止したと明らかにした。ただ、完全自動運転サービスは継続するという。

ウェイモは、ブログで「人間の運転手を同乗させないことは、経路の安全のみならず、この不透明な時期に利用者の健康を支援することにもなる」と記した。

一方、ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>の自動運転車部門クルーズは、営業を停止し、サンフランシスコの全施設を3週間閉鎖したと発表した。

フォード<F.N>の自動運転車部門アルゴは、試験走行を一時中止したが、新型コロナによる大きな影響は受けていないとした。