新着Pick

五輪チケット、規約上払い戻しは不可 コロナで中止なら

朝日新聞デジタル
新型コロナウイルスの感染拡大を理由に東京オリンピック(五輪)・パラリンピックが中止となった場合、大会組織委員会が定める観戦チケットの購入・利用規約上、払い戻しはできない見通しになっていることが18日…
557Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
陸上競技だけで3日程計8枚、総額数十万円分当たっている私涙目。
規約上、そうなっていても、もし本当に中止になったら払い戻し対応すると思う。
じゃないと暴動…取り付け騒ぎが起きてしまいそうだし、社会が不安定になるので。
言うか言うまいか迷いつつも、落選した人に申し訳なくて、これまでずっと人前ではあまり言えなかったのですが、本当に中止になって払い戻しがされなくなったら、晴れてネタとして大っぴらに宣言してやろうと思います。開会式A席に当選して返金されなかったのは私であると。
運が良いのか悪いのか。

実際のところ、もう返ってこないものだろうと思っています。心の減損損失は100%処理済みです!
中止にはしないでしょう。延期では。来年は世界陸上など日程がパツパツで、再来年になるのではと個人的には思います。
様々な商業契約で不可抗力(Force Majeure)への該当が今後議論されていくと思います。
疑問なのはもし延期の場合はそのままチケットが活かされるのでしょうか。そうでないと大会組織委員会が2回同じチケットを売ることになるので儲かってしまう。
マラソンは中止で返金無しでボヤ騒ぎにはなったけどランナーたちが「当然そういうもんだ」というマナーでおさまった。オリンピックでも基本的には同じことですが、とてもおさまるとは思えないし、あのランナーたちはなんと言うんだろう
規約はともかく、払い戻しなしはないでしょう。#東京五輪 #オリンピック
保険カバーとの兼ね合いでザックリと

IOC→保険カバーあり。意外と損少なかったりして。
NBC→保険カバーあり。コムキャスト会長曰く
「広告収益が得られないのが惜しいだけ」
東京五輪組織委→大損。保険カバー率極めて低い模様。
保険会社→大損。言わずもがな。
(個人のイメージです)
東京マラソンと同じですね・・・。

コロナ被害は明らかに「不可抗力」になるので、規約通り「払い戻し不可」となるでしょう。

コンサートチケットと違い、数も金額も膨大です。
返金手続を行ったら、莫大なコストがかかってしまいます。
東京2020チケット規約には確かに、不可抗力の場合は契約不履行の義務を負わないと記されているから、こうした付款の有効性についての一般的な疑問はあるものの、訴訟コストを考えると、事実上取り返すのは困難。

いっそのこと、「アンダーコントロール」の虚偽や「コンパクト開催」の不履行は詐欺行為として、代金に相当する金銭の損害賠償の請求を目的とした集団訴訟を提起する可能性がありそうな気がする。

各競技団体も不作為によって選手の権利を侵害したと構成することはできないだろうか?

ところで、チケット規約には転売規制が定められていて、転売はもとより、「商品やサービスの提供」の一部としたり、マーケティング目的での使用は禁止されている。商品購入者への景品・賞金には使えない!違反は、チケットを無効になる。

つまり、チケットは自らが購入するのが原則で、人から貰ったもの以外、チケットは無効になる。

追記
規約39条「セッションの中止」は、組織委がいつでもセッションを中止でき、その場合払戻しがされると規定している。「セッション」とは、スポーツイベントや文化イベントのことと定義され、「セッションの中止」は、「セッションの遅延」や「セッションの中断」とは異なる態様を想定しているようだが、内容は明らかではない。少なくとも、オリパラは開催され、その一部のイベントが開催されない場合を意味していると思われる。対価の全部が給付されていない以上、不当利得となるからチケット代金の全部または一部が払い戻される当然の規定。
しかし、オリパラそのものが不開催の場合の払い戻しまで定めていると読めるかは不明。開催されないことが分かっているのに、チケットを販売するの詐欺ではないか?