新着Pick
218Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ブランド力というか、知名度とある程度のステータスはありましたが、今回の有事で遂にもたなくなってしまった。

真の実力を持たないブランド、小売業は、この状況で化けの皮が剥がれしまう。

これからここ以外にもこのような企業が出てくることでしょう。

小売業には今こそ、常にブランドを磨き、実力をつけておくこと、いざと言う時に、いろんな意味で行動を起こせる力を身につけておくことが求められていますね。
ローラアシュレイは、もともと、ネット化の波の中で次の展開を描かなければならなかったところに、このコロナ問題が来てトリガーが引かれた感じでしょうか。
小売は正直厳しいですね。
ヒトの動きが止まり、モノが動かなくなるのは本当に経済への打撃が大きいです。
日本のアパレル業者、とくに百貨店アパレルも相当厳しい。消費増税、暖冬、コロナウイルスのトリプルパンチが経営に打撃を与えており、今後、コロナ関連倒産が多発しそうな業種のひとつ
既に昨年段階で赤字だったので、会社側が理由のトップに挙げているコロナが主因とは言えないでしょう。また、先月から資金繰り不安で株価も急落していましたし。

メインバンクはウエルスファーゴ。主要株主はマレーシアMUI。
これもまた象徴的。リーマンショックでのGMの破綻もそうだったが、元々経営課題があったところが、事態の急変で先が見通せず、また経営課題があるから破綻前に救済する投資家が出てこない。
2年前の日本での撤退の記事のコメントに突然いくつかのいいねがついてたのは、こちらの記事の影響でしたか
https://newspicks.com/news/2797687
破綻したとして、スポンサーが現れてブランドは残るのか。記事で2700人の雇用が失われるおそれ、としてるのはどういう想定で書いてるのか気になります(決まってないのでリストラ含めておそれがある、と書いただけな気はしますが)
最後のダメを押す一因の一つかもしれないが、中小規模ならともかくこの規模ではまだ早すぎると思う。もともと経営不振は報じられていた。大型不況時には他責・便乗型の経営者が増えるので注視が必要。
コロナは最後の最後の引き金に過ぎず、同社はその前からずっと迷走していました。

古き良き時代のインテリア雑貨といった趣で、好きな人は好きなんですけど、今の時代には合わないかなあという印象です。
昔、原宿にショップがあったとき、インテリアを見に行ってました。
(いつかローラアシュレイの家具を一室そろえたい!と夢見て…)
ここのリネンのワンピースが好きで、夏になると時々着ていました。
色の発色や柄が独特で、存在感のあるテキスタイルが魅力でした。

経営破綻、残念です。

同じくロンドンでマルベリーも好きなんですが、コロナの影響…心配です。
コロナがなくてもいずれ破綻してたんじゃない。