新着Pick
183Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ファビピラビル(商品名 アビガン)は、抗インフルエンザ薬として承認を受け、富士フィルム富山化学から販売されている薬剤です。

発熱期間が短縮し、ウィルス量がより早く減少したこと、重度の副作用がなかったことが報告されています。

しかし、この報告を喜んで良いのかは、研究のデザインと統計手法次第です。例えば、バイアスが大きければ、この研究結果で動くことはできません。中国政府の発表とはいえ、まずはデータを十分吟味する必要があります。

その肝心のデータが見つかりません。まだ少なくとも英語ではリリースされていないでしょうか。中国語などでご存知の方はぜひ教えてください。

(追記)報告の根拠になったのは、有効性の評価に必要とされる、ランダム化比較試験ではない研究のようです(以下のリンク)。ゆえに、結果はバイアスに大いに影響されうるものであり、データの信頼性はそれだけでも低下します。現時点では、世界が飛びつくことはできない結果であると推測されます。続報、論文のリリースを待ちたいと思います。

http://www.chictr.org.cn/showproj.aspx?proj=49042
他の治療薬含めた臨床試験の進捗状況を纏めた記事があったので、貼っておきます。
https://answers.ten-navi.com/pharmanews/17853/
米国の臨床試験登録サイト「CrinicalTrials.gov」によると、現在、COVID-19を対象に臨床試験が行われているのは、▽抗ウイルス薬レムデシビル(米ギリアド・サイエンシズ)▽抗HIV薬ロピナビル/リトナビル配合剤(米アッヴィの「カレトラ」)▽抗インフルエンザウイルス薬ファビピラビル(富士フイルム富山化学の「アビガン」)――など。
ファビピラビル(商品名アビガン)に治療効果が見られたとする中国政府の発表

国内ですでに新型インフルエンザ対策として相当量が備蓄されており、肺炎の重症化や重篤化を防ぐ効果があるとしたら良いニュースです
中国では新型コロナウイルスの患者さんが殆ど直ってしまったので、日本はもとより、被害のひどいヨーロッパでも使ってもらいたいですね。日本の薬が世界で活躍できることを祈っています。
どこかの国のように、自分の国だけ独占的に使うのだけはやめてほしいです。
おーっ、期待!!株価15%の急伸!w

富士フイルムホールディングス傘下の富山化学工業が開発したインフルエンザ治療薬「アビガン」、一般名「ファビピラビル」に、新型コロナウイルスによる肺炎などへの治療効果が認められました。

張主任は「安全性が高く、効果も明らかで正式に推薦する」と述べ、治療薬の1つとして医療現場で使用を勧めていく方針を明らかにしました。
現状の自粛ムードの多くは心理的なところも大きいでしょうから、これは朗報では。期待したい。
ど素人ですが今、考えていることを書きます。
新型コロナウイルスが風邪やインフルエンザの一種だとすると根絶するのは無理ですね。風邪やインフルエンザはなくならないでしょ。新型コロナウイルスも同じです。ただ致死率は下げられるんでしょうね。
国産のアビガンであれば、内需は安定しそう。