新着Pick
78Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本資産運用基盤としては珍しく一般投資家の方向けのメディアにコラム寄稿をさせて頂きました。
内容はいつも金融機関向けに発信させて頂いている通り、非効率な金融事業モデルの弊害とそこからの脱却に関する問題意識ですので、お手すきの際にご笑覧頂ければ幸いです。
かつては業態ごとに横並びの当局の規制で金融商品の差別化ができず、最近は低金利や株価の低迷で預金と比べて魅力的な商品が作り難い日本の環境下、商品性を訴求して販売するのは難しいですからね・・・ 創意工夫で差別化を図って戦略的に販売することが難しければ、ついついノルマで縛って“押し込み販売”する方向に行きがちです。世界に目を向ければ魅力的な金融商品が多々あるじゃないか、そこで工夫しろ、と言いたいところではありますが、それとても円をベースに組み立てるとなると、究極のところで国内の環境に縛られて難しい。ノルマ営業からの完全な脱却は、なかなかに難しそう (^^;
表題について従来の金融ビジネスにとっては、本稿で指摘されている「高コスト事業モデル」がその背景にあるのは間違いないだろう。また、これに対して「自前主義からの脱却」が解決策であり、その動きは広がってきているのはたしか。総じて方向性としては適切だと思う。
まだ動きとして鈍いのは否めないが、今般のショックも絡んで、この動きが加速するのを期待したいところではある。