新着Pick
469Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
社会学者として傍観しているだけでいいのだろうか、と疑問に思いました。犯罪の場を提供しているようにも感じます。

「著者はうなだれるしかなかった。」地下社会に潜入するために、迎合しているようにしか思えない。人として失格なのではないかとさえ思うレポートでした。
こういうフィールドワークは貴重かつ興味深い。
この連載について
忙しい現代人こそ、読書が必要だ――。 近年、教養を身につけることの重要性が叫ばれているが、意欲はあっても、読む時間を十分に取れないビジネスパーソンが多いだろう。NewsPicks編集部は、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、毎週土曜日に、話題のビジネス本の要約をお届けする。1冊約10分程度で本の中身を理解できるもので、まさに現代のビジネスパーソンにぴったりの内容。週末のひとときで新たな知識を手に入れてほしい。
株式会社東洋経済新報社(とうようけいざいしんぽうしゃ、英語: TOYO KEIZAI INC.)は、ビジネス書や経済書などの発行を専門とする、日本の出版社である。 ウィキペディア