新着Pick

多くの航空会社が5月末までに破綻へ、新型コロナで-コンサル会社

Bloomberg
新型コロナウイルスの世界的感染拡大により、各国・地域の政府と航空業界が連携した対応を取らない限り、多くの航空会社は5月末までに経営破綻に追い込まれる。航空業界コンサルティング会社のCAPA航空センターが警鐘を鳴らした。
696Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
航空会社は、機材や人件費などの固定費の比率が高いため、今回のように大幅減便になったときは、有利子負債の多い会社は、国の援助も含め、資金調達なくして生き延びられません。
業界再編が必至になります。皆さん頑張って乗り切りましょう。
下記が原文。前提のための特に定量的な説明もなく、ちょっとPVを狙っている印象。
個人的にはこんなに早くは破綻しないと思う。大手で比較的財務レバレッジが効いているAmericanを例に考えてみる。
年間売上が約460億ドル、原価が350億ドル(うち燃料費94億ドル、減価償却23億ドル)、営業費用71億ドル、営業利益37億ドル。1か月飛ばなければ売上が38億ドルなくなるが、費用でも減価償却はNon-cashだし燃料費も飛ばなければかからない。緊急時の費用圧縮すれば-15~20億ドルくらいに抑えられると思う。15億ドルなら需要が通常に戻れば半年で営業利益ベースで稼げる。そこの期待があれば、一定のファンディングができるだろう(Americanは自己資本ほぼゼロ)。
また、政府もつぶしたくないという観点では、その期間の人件費や資金繰りを一定補填したりといったこともできる。
かつてない困難な状況であることは確かだが、「多くの航空会社が5月末までに破綻」とまで打ち出すなら、もっとしっかり分析してほしかった…
https://centreforaviation.com/analysis/reports/covid-19-by-the-end-of-may-most-world-airlines-will-be-bankrupt-517512

<追記>King HIDIEさんのコメントも是非合わせて(有難うございます!)。
同じ航空業界でも、ビジネスモデルによって影響度は異なる。フルラインなのかLCCなのか、近距離なのか長距離も飛ばしているのか、従業員との雇用がどうなっているのか。あとは自社保有とリースがどれくらいあって、リースの場合は契約・期限がどうなっているか。
稼働率が大きく影響するビジネスというファーストラインは一緒だが、それ以外のさらに細かい部分は色々な開示で分かる部分も分からない部分もある。
あと、資金繰りのために機材のたたき売りや大量解約が起こりうる。そして稼働率がキーのビジネスは、厳しいときに投資をどれだけ続けられるかが勝負だったりする(航空会社の場合は離発着枠なども絡むので、他の産業に比べると叩き買うことが簡単ではなかったりするが)。<追記終>
いまの状態が続けばどの会社もどこかではもたなくなりますが、そのタイミングは会社によって異なるはず。仮にそうなった際に、ナショナルフラッグは国が救うとしてLCCがどうなるのかは色々な道がありそう。結局ナショナルフラッグに収斂されてしまうのか(日本パターン?)、回復後の利益を見込んだ金の出し手が現れるのか。それによって、業界の地図は大きく変わりそうですね
週末はKLMオランダ航空が新型コロナにより減便が増え、2000人のリストラを行うとも報じられていました。
【運航3割減、KLM2千人解雇へ 新型コロナが航空需要に打撃】
https://newspicks.com/news/4723048

航空業界への影響が心配です。
「このまま何もしないで放置していると大変なことになりますよ」というメッセージの意味合いが強く、本当にどの航空会社も5月までしか持たない、ということを言っているのではありません。ただし、航空会社は日々の売上金が入る商売であることもあり、あまり手元に現金を持っていなくてもビジネスが成立してしまうのが他の業種と比べて違う点です(言ってしまえば自転車操業ということです)。そんな状態のところで、いきなり自転車を止められてしまうとなると資金繰りに困る航空会社が出てくることは簡単に想像できます。

すでに大西洋路線というドル箱を失い、新幹線と山手線を取っ払ったJRのような状況に陥ったのが欧米の航空会社で、中国やクルーズ船で騒いでいた頃は対岸の火事であったものが一気に彼らの尻に火が付いたという状況になりました。
政府や大株主から支援を受けられる航空会社が、支援がなく身売りを余儀なくされる航空会社を吸収するというような業界再編につながるでしょう。欧州のLCCはこの騒動の以前から過当競争でしたから、アジアよりも欧米で業界再編の波が大きいとみています。
一時的な出来事.
【追記】皆さん、ノイズに振り回されすぎ。ご同情、申し上げます。
舵取りが本当に難しい航空業界。
経営者の真価が問われます。
スカイマークを心から応援しております。
ネガティブに考えれば、こういった思考になりますが、逆にポジティブに考えれば、回復期をいつと見るか?でしょうね。

回復期には、急激なニーズの復活があり、一時的には、通常を超えるニーズがあっても不思議ではありません。

その時に、体制を縮小してしまっていたら、完全な機会損失です。

但し、その時期まで耐えきれるか?が企業により違うので、その時期の読みが全てでしょうね。

もうダメだと、早期にフライト削減、大量解雇しすぎると、ワクチンや代替薬の登場で、予想外に事態が収拾した時に、今度は大きな機会損失で、利益を失うことになります。

国のバックアップが受けられるところ以外は、まさに経営陣の腕の見せ所ではないでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
タイトルは少し大袈裟な気もしますが、有事の際にはPL以上にBS/CFが重要になります。一部富裕層の資産運用先として航空機リースに一定のお金が流れてると思うので、そこも二次的に被害が連鎖しそうですね。
新車も売れないだろうね。