新着Pick
290Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もはやロボット掃除機の文字通りの代名詞といえる「ルンバ」。開発元のアイロボットは今年が創立30周年の節目ということもあり、新製品にも気合が感じられました。

創業者のコリンさんは、おっとりな語り口ながら、まだまだ現役バリバリのスピリットを感じさせる方でした。ロボット掃除機はまだまだ序の口のデバイスなのだという、壮大な話をしてもらっています。

お値段18万円は正直、めっちゃ高いです。一方で、コロナの自粛ムードで本屋さんの売り上げが伸びているといった話を聞くと、人々に普段足りないのは「時間」なのだなとも感じ、時間を生み出すためにどれだけの対価を支払うことができるかは人それぞれのはず。

明日の記事では、最新のルンバ「s9+」と、国内のあのメーカーの注目新製品を比較する予定です。
ルンバ君が掃除をしながら家庭内情報を収集している、というのは以前から言われていて、一時期はその情報を外販する、しないという話もありました
https://newspicks.com/news/2400194
この記事では、集めた情報をなんらか活かしていくということを公式に語っているわけですが、一体どんな情報をどこまで活かせるのかは、具体的なユースケースはまだまだ見えない。ルンバが「目」なら「耳」となるスマートスピーカーと連携すると最強では?という話もありましたが、結局はその情報を使って家庭内の何かを買わせる、というくらいしか思い付かないのですが、想像力が足りないのかしら
家が「スマートホーム化」していく中で、人々が普段どう暮らしているのかという「家の情報」はより重要になっていく。

まさにこれ。スマートホームの本質。
Alexaでコントロールが一元化できて便利だけでは決してない。

冷蔵庫、洗濯機、エアコン、テレビ、レコーダー、監視カメラ、最近だと電子施錠などそれぞれの機能ももちろん大事。

しかし、そこから得られる生活者データーが集まったとき計り知れないビジネスチャンスがある。

果てにはその人の行動履歴もとれる。

商業施設での人々の行動履歴や車の運転の行動履歴などは着々とビッグデータとして蓄積されているが、

パーソナルスペースである自宅の行動履歴を制する会社は今後も伸びますね。

このあたりはPanasonicにもっともっと頑張ってほしい。
フラッグシップモデルというか、高価格化が進みますね。
リモートワークが進むことが、掃除ロボット市場にどんな影響を与えるのか。
東さんのコメントにある、国内メーカーの注目新製品との比較が楽しみです。
スマートホームを床から改革。間取りをロボットが理解すれば、いろいろなアドバイスができますね。机の位置をこう変えたほうがいいとか、日当たりを良くするためのレイアウトとか。
>ロボットが毎日家をしっかりと掃除してくれて、汚れた箇所の水拭き掃除もしてくれるようになったら。それはもはや、製品というより「サービス」ではないでしょうか。

商品やサービスの価格は、常に「何と相対比較して高いか安いか」を判断します。

広告表現でもよく使われる手法ですが、この相対比較のスケールが大きければ大きいほど大きなビジネスチャンスにもなり、
またそのレベルのものを作り上げようとすると製品開発の中身においても影響を与えるのでしょう。

大きい→何と比べて大きいか
優秀→誰と比べて優秀か

対象物が大きいものであればあるほど視座も上がっていくのではないでしょうか。
iRobotがOSになるシナリオ、なきにしもあらず。
家についての理解を
動くことの強みを活かして、暮らしそのものをより快適にしていくサービスに転換できるでしょうか。
技術よりやるべきことですね「よりレベルの高い、知性の高い「家」を作るためには、よりよい人工知能を作ることよりも、まずやるべきことは、家そのものを理解することが重要なのです」