新着Pick
323Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
文学に向いている言語→フランス語、日本語
ビジネスに向いている言語→英語

曖昧さを許容する単語、文法が多い言語は文学に向いているらしいです。

個人的には、グローバルなプロジェクトの場合、先に英語で資料を作り、それから日本語版をつくります。
自分の思考から曖昧さを排除するためには、英語の方が便利です。結果的に英語を使うと、曖昧さがなくなりますね。
確かに、使う言語により論理の組み立て方が変わる。 私の場合、英語は社会人となって仕事上習得した。 それでも 最初から英語で作ったものの方がロジックがはっきりする。 一方で感情を表現したい時、英語だと微妙な言葉や言い回しが物足らず(ボキャブリーの問題か?)日本語を使いたくなる。
「5人の命を救うために、1人を殺さなくてはならないと言われたら、あなたは実行しますか?」

この質問を母国語でされた場合、その1人を犠牲にすることを、かなり躊躇するに違いない。実際、研究対象となった学生のうち、実行すると答えたのは18%だった。

ところが、母国語でない言語で同じ質問をすると、44%が実行すると答えた。第二言語で聞かれると、その答えが変わったのだ。


人はおそらく第二言語ではより理性的に、母国語ではより情緒的になるのだろう。
ふむふむ…

日本語だと言えないことも、フランス語だったら言えちゃうっていうことは大いにあると思います。

「ジュテーム」とか…🇫🇷💓
自分が言いやすいか言いにくいかもありますが、相手の受け止め方を気にして自分の言い方が変わるということはあるかもしれないです。

Babaさん
男性はジュテームの方が言いにくいです。。
スキルとしての第二言語が、思考にも影響を及ぼす。

面白いですね。コミュニケーション手段として身につけるので、より合理的、理性的になるのかもしれませんね。

日本人は曖昧なところが多いので、ビジネスは英語でやると、きっと生産性が上がりますよ。
海外で仕事をしているとこの感覚がよくわかる人、いるんじゃないだろうか。言葉と人格は繋がっている。英語で話すときは、程度の差こそあれ、ある意味での別人格になりますよね。

人事の側面で言うと、英語で面接するだけでなく、母国語でも見ておくことが重要。メンバーをアサインするなり通訳をつけるなりして、母国でも話すときの表情や、ものの見方を確認しておくことは大事です。

*****
「5人の命を救うために、1人を殺さなくてはならないと言われたら、あなたは実行しますか?」

この質問を母国語でされた場合、その1人を犠牲にすることを、かなり躊躇するに違いない。実際、研究対象となった学生のうち、実行すると答えたのは18%だった。

ところが、母国語でない言語で同じ質問をすると、44%が実行すると答えた。第二言語で聞かれると、その答えが変わったのだ。(略)

「一般的に、自分の手で1人の命を奪うことは、何もせず5人を死なせることよりも嫌悪感がともないます。ところが、外国語ではその嫌悪感が弱まり、「『犠牲になるのは、5人より1人のほうがましだ』という、コストと便益を天秤にかけた実利的な考えに至りやすいのです」

つまり、人はおそらく第二言語ではより理性的に、母国語ではより情緒的になるのだろう。
母国語とそれ以外では、それ以外の方が論理的に判断を下すとの研究。

言語による違いはどうなんでしょう。

日本語は特にコンテキスト文化だと言われてると思いますが、それによって情緒的に問いを捉える傾向にあると思います。
細かいニュアンスがわからないから、母国語ではストレートすぎて言えないことも言えてしまうというか言わざるを得ない
noが増える
中国語、日本語、あと、日常会話の韓国語話せますが、

・中国語は、英語同様に結論から先に話す言語なので、言い方がストレートになりがち

・言語は、直訳で表現できない事が沢山ある。だから、直訳するとよく分からないことって沢山あるけど、そういう言い回しをよく使うってことがよくあるから、同じシチュエーション、感情でも、言い回しが相当変わる。頭に浮かぶイメージも違うし

そういう意味では、言語によって人は変わると思う

僕の場合は、中国語の方が、遥かにストレートな性格で、人とフラットに話すと思う

敬語もあまりないし