新着Pick
245Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
居心地の良い議論からは打開策は生まれない。

これまで気づき得なかった打ち手に気付くためにも議論を多方面から展開する必要にはいつも痛感している。

がしかし、同質の経験を持ったメンバーからはクリティカルな質問が生まれにくいのも事実。

そういう点でもダイバーシティや異業種との協業やメンバーに多様な経験を付与することが必要になるのだと。

自由に議論できる居心地の良い環境は作りつつも議論自体は居心地良すぎずにあることを目指したい。
安易な同調で、集団無思考になるな。

一人ひとりが真剣に考え、自分たちの意見を交わす議論なら意味がある。

しかし、考えること、議論することを放棄した集団思考は、価値を生まない。集団無思考の状態。

反対意見を述べることは、目的ではない。深く考え、より本質的なことを議論する。

自分の人生を充実させるためにも、考えること、意見を持つことを大切にしましょう。
同調圧力との闘い。
これが日本の組織で爪痕を残そうとする人の最大の壁、
自分との闘いでもある。
真向からの議論を避け頷き、ロビー活動に勤しみ、神輿担ぎ、忖度するほうがなんと楽なことか。
しかし、これに慣れてしまうと思考停止、いざ自分のカードをきるときにきるカードが無いという状態になる。
だから苦しいのを承知でカードをきる。
博報堂の川下さん曰く勤トレの連続なのだ。
ファシリテーター次第と思います。

良いファシリテーターは一つ一つの意見を否定しません。
そして、それぞれの意見をテキパキと整理し、言葉を補ってストーリーにします。

意見が出ない場合は、自分の意見を呼び水にして意見を出させるか、
然るべき人に意見を出させるかします。

そして、全会一致を目指して、細かな意見の食い違いも議論させ、意見を集約していき、
最後には、決を採ります。

しかし、ファシリテーションをきちんと身につけた人は中々いません。
よくあるのは、意見を出させるだけ出させて、結論がないことや、意見を否定することです。
まずは、社長をはじめとしたリーダーが素養を身につけるべきだと思います。
1あえて反対意見を述べる
2いつもの結論に疑問をもつ
3○○だったらどうするか/何を言うかと自問する

とのことですが、私は違うことを楽しむのが一番だと思ってます。
会議は、様々な角度からの意見を聞いて思考を深める場であるが、きちんとした思考無しに反対意見や疑問を投げることは避けるべきだろう。

自分の発言は、その目的をより良いものにする可能性があるといえるか?

思考無しの意見は、雑音でしかないことを理解した上で、意見交換がされる会議が理想だろう。
でもだいたい嫌われる
日本の同調圧力は狂気的です。

たしかにマナーや価値観を簡単に共有できる長所もある。しかし、一転マスク騒動のようなパニックも引き起こしやすい短所が致命的