新着Pick
960Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
何でGDPは-30%にならないのに、これまでもSARSなどからは回復したのに、株価は-30%とかになっているの?という方は是非見ていただきたく!

株価は期待で動きます。
株価だけでなく、期待があるから頑張れる、期待されないから・不安が大きいから鬱々としていく、日々の生活でもあると思います。
市場は人の営み、心理を明確に反映します。自分事で考えると、今はコロナ拡大による健康不安、移動封鎖・行動禁止令による経済不安、また先行きがそもそも不安だから消費自体も委縮するという状態。一方で政府・中銀の動きやワクチン開発の急な進捗など、暗い中でも明るさが見える瞬間もあります。その心理の移ろいを、ここしばらくの急落や激しく上昇する日があることも表していると思います。

NP編集部の泉さん・小西さんにお声がけいただき、監修させていただきました。自分の子供にシンプルだけど正確に説明するとしたらどうするか、と考えながらやらせていただきました。社会人の方だけでなく、学生の方やご家族の方にも見ていただければ、個人的にとてもうれしいです!
2月下旬からなぜ株価が大きく下がり始めたのかが、解説されています。

この動画で解説される通り、株価は期待によって形成されます。普段、それは「まだ見ぬ未来を想像し、必要な資金を必要な人に集める」という効果をもたらします。しかし、時には、この2週間のように、未知への恐怖から株価を大きく下げていくこともあります。

このようなとき、私たちはどのように行動すれば良いのでしょうか。それは、今はパニックに陥っている金融市場が本来、果たすべき役割を、私たち1人ひとりが代わりに果たすことです。

それはつまり、新型コロナ・ウイルスの感染拡大が収まった未来を想像することです。パリのカフェやベネティアの広場に人々が集まった未来を想像することです。今回の危機を乗り越えることによって、より豊かになった未来を想像することです。例えば、日本でもリモートワークが今よりも格段に普及していることでしょう。

冷静に未来を見据えることで、私たちは、目の前の危機に対処しながら、より豊かな未来のための投資し続けることができます。資本市場を通じて、必要な企業に資金が届きます。そして、今リスクを取った見返りを、中長期的に得ることを目指すことができます。

この動画は、「超入門」とある通り、わかりやすくまとまっており、しかも、誇張や誤解を招くような点も見当たりません。作成した皆様に敬意を表します。
わかりやすいですね。
今回のポイントは、大幅な業績悪化が予想されるというよりは、どれくらい業績が悪化することが読めないことで、企業の解散価値を大きく下回る水準まで株が投げ売りされているということでしょう。
人々が何の病気かわからない時が一番不安になるように、マーケットも一番怖がるのは先が読めないことですから。
国境封鎖、地域封鎖という前代未聞のコロナショックで負の連鎖がはじまっている、というのがよくわかるアニメーションです。

負の連鎖を断ち切れるのは、コロナワクチンとコロナ治療薬だけなのでしょうか。桜前線は人々の心をポジティブにしてくれるかもしれません。

日本では、イベントや企業活動を再開するところも出てきています。日本がまず復活することによって、世界の景気に明るさがでてくるかもしれません。それを期待したい。強くそう思います。
今回はコロナと株価の関係を、完全アニメーションで解説します!初めてのトライなので、こうした方が良いなど、どんどんご意見ください!
株価を動かすのは、人のマインド。
必ずしも理屈どおりに動くわけではありません。
だから、「正しい理解」があるのかはわかりませんが、起きていることを自分なりに理解しなければなりません。
ある投資家いわく、「自分なりに」というところが大切だそうです。
自分なりの「正しい理解」があることにより、人と異なる投資活動が可能になって、市場の動きに先行することができる、と。
タイトルの通り、株価の変動について基礎からわかりやすく解説されています。普段株価を意識しない方にとってもわかりやすい内容です。
金融の専門家ほど、コロナ暴落を予測できなかったと思います。最大の理由は「リーマンのように【金融経済(バーチャル)起点】のシステミックリスクは起きていないため」。僕もその一人です

今までの暴落の殆どは【金融経済起点】の信用不安から、徐々に実体経済の景気を悪化させていくものでしたが、今回は【実体経済起点】で直に悪化してくる極めて珍しいパターンです。

過去の【実体経済起点】の暴落パターンの911でも、1ヶ月程度でほぼ回復した経験から「実体経済起点の暴落は大したことない」という意識が刷り込まれてた気がします
> 911アメリカ同時多発テロ事件前後のダウ平均株価推移
https://kapok.mydns.jp/business/september11attacks-dow30/

【追記】まあまだ暴落から1ヶ月くらいしか経ってないので、特効薬の開発など根本的解決により急回復する余地もあると言えます
ここまで完璧に字幕がついていれば音がなくてもOKで便利。さらに早い3倍速モードが欲しい。
この連載について
新型コロナウイルスが、いよいよ経済にも悪影響を及ぼし始めている。人の行き来が減ったことで、鉄道や飛行機の利用は減少し、外食や小売り、ホテルなどさまざまな業界で先行きが怪しくなってきた。株価は世界的に暴落・乱高下し、世界経済は「コロナ危機」とも言える状況になっている。NewsPicks編集部が世界各地で起きている危機のいまを追う。