新着Pick
3197Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
凄く良く纏まっています。今週、全部の連載を読めばコロナウイルス関連の事は全て把握できると思います。
人気 Picker
「バブル崩壊→金融システム→実体経済」がリーマンショック、「自粛→実体経済→金融システム」がコロナショックです。つまり今回は人為的な部分も相当あると私は思っています。ただそれでもリーマンショックよりはましです。自分の持っている資産が売却すらできず、保有価値も分からない、よってどれくらい損しているかも分からない。そもそも取引自体が立たなかったあの頃と比べればまだましと思えます。また、金融機関は儲からなくなった代わりにとても丈夫になりました。システミックなリスクは一応心配はしていません。

しかし、決定的に不安なことは中銀に手札がないまま迎えてしまった危機だということです。それだけに臨時会合を2回も開いて計150bpsも振り込んだFRBの行動はどうにも解せません。クレジット市場などにおいて言えない問題でも抱えているのではないかと勘繰りたくなります。
金融市場を襲うコロナショックについて、Q&A形式でめちゃくちゃコンパクトに、まとめています。

新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、各国が緊急対策に動いていますが、今朝アメリカは追加利下げの発表となりました。

コロナ関連のニュースが飛び交う中、今なにが起こっていたんだっけ?なんで経済に影響を与えてるんだっけ?と、ついていけなくなる方も多いと思います。3分でサクっとお読みいただけますので、ぜひ、朝のインプットタイムにご活用ください!
2019年度の日本経済は、コロナの影響でマイナス成長になりそうです。

今朝、さっそくFRBの緊急利下げが発表されましたが、リーマンショックとの最大違いは、コロナショックは人の移動や集まりが制限され、実体経済に直接、速攻でネガティブな影響をもたらすことだとおもいます。

緊急特集第1回目は、今、何が起きていて、これから何が起きるのか。砂田デザイナーと徹底図解しました。
どちらかというと、原油価格の方が気になってます…需要減の方はコロナショックとも言えますが、リモート定着すると需要はもとには戻らないと考えるべきでしょう。そもそも、今後も散発的に流行が続くと考えた方が自然でしょうから、特定の国や地域を対象とした入国制限や減便は(対象国の入れ替わりなどはありつつも)相当期間続く可能性もあります。

私にはサウジが増産をいつまで続ける気なのか見当もつきませんが、仮にこの低価格水準が中期的に続くとシェールガス・オイルに支えられていた米経済の構造、中東への関与を弱めることを許容していた地政学的構図にも影響がありそうです…
ヒト・モノが動かせない。そうすればカネも動かず、経済が止まる。逆にヒト・モノが動かせる状態になれば刺激策は打てるが、そこまでの時間軸がどうなるか。各国で一気に増えている中で、中国くらいで収束すればまだどうにかなるかもしれないが…
あと、今後の統計データのスケジュールが出ているが、10年前と違って今はオルタナティブデータがかなりある。下記の米国でのレストランの予約状況、また店舗での消費活動や家にいることでスマホゲーム需要が伸びているかなど、統計を待たずしてリアルタイムで織り込んでいくものが多いだろう。まだアトランタ連銀のGDPNowは反応していないが、これから要注目。
https://newspicks.com/news/4725620
https://www.frbatlanta.org/cqer/research/gdpnow.aspx

<追記>原油価格下落は、下記でコメントしたがサウジPIFを中心としたスタートアップへの資金供給にも影響を与える。特にレイターで大量資金勝負をこれからしようとしていたところの算段が完全に狂う可能性。
https://newspicks.com/news/4724568
<追記終>
わかりやすい!!やっててよかったNewsPicks、です。

やはり内需の冷え込みの影響は凄まじいですね。次回以降はどのようの内容なのでしょうか。業種別影響なども気になるところです。

しかし、コロナとは関係ないですが、当日子供だったので肌では感じられてはいないもののバブル崩壊はグラフで見るだけでも恐ろしい。。。
楽観シナリオと悲観シナリオのチャートはわかりやすい。国内消費の減少がいずれも大きい。(国内消費の悲観シナリオの数値は修正してください)

楽観シナリオでも、個人消費支出の約2%がマイナスになります。GDPへの影響も大です。

個人的にはウィルスを媒介すると言われている現金の利用を制限して、キャッシュレス還元事業を延長するのが、消費を刺激すると思います。
わかりやすいし面白い。
けど、サウジがなぜ増産するのかがわからん。「影響力の方が大事だ」しか書いとらん。新しい協定へ向けての牽制なのか、もうちょっと説明してくれ。
弊社以外の三社の来年度GDP見通しはいずれもプラス成長となってますが、少し前の改定ではないでしょうか。
分かりやすいです。ありがとうございます。
そして、氏家さんと同じで、サウジアラビアの増産判断が今一つ分かりにくい。
超素人的には、今まで恫喝外交でこの世の春を謳歌してきたトランプ大統領への嫌がらせ?と感じます。

あと、こうして見ると、イタリアの感染拡大混乱まで、欧米は他人事だったんですよね。やはり、白人主義は潜在的に健在なんだなぁ。

あと、レバレッジを利かせていたヘッジファンドなどが株式を売るのは分かるけど、長期保有ならば売らないですよね。

リーマン後しばらくしてから株式を買った私には、素人が今過度に株式市場に一喜一憂するのは、精神的に良くないと思います。あっ、でも配当金が減るのはイヤだな。

要はしばらくは
Cash is King
この連載について
新型コロナウイルスが、いよいよ経済にも悪影響を及ぼし始めている。人の行き来が減ったことで、鉄道や飛行機の利用は減少し、外食や小売り、ホテルなどさまざまな業界で先行きが怪しくなってきた。株価は世界的に暴落・乱高下し、世界経済は「コロナ危機」とも言える状況になっている。NewsPicks編集部が世界各地で起きている危機のいまを追う。