新着Pick
62Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
計算をしたら検算をするように、事業計画も書いて終わるのではなく、周囲からのフィードバックを得ながら修正して精度を高めることが重要です。

主観的に意志を持って計画を書き上げ、仕上がったものを客観的に叩くといった行き来を繰り返すことで、より成長イメージや戦略もクリアになっていくものだと思います。
スタートアップに限らず事業計画の策定方法に、いつも同じ正解はありません。3Cで言われるような観点は全て重要ですが、自社のリソース、競合環境、市場環境は固有の状況によって様々です。従って、同じ正解はあり得ないのです。

とはいえ、少しでも「良い」事業計画になっているかについて、自ら検証ができれば、より良い事業計画を策定できる可能性は高まります。

事業計画はあくまで計画であって、事業そのものでは決してありません。ただ、計画は事業や組織の羅針盤であり、また事業や組織を映す鏡にもなり得ます。

たかが検証、されど検証。