新着Pick
514Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Office使っている大企業にとって、決められた範囲での人とツールでの利用を前提とすれば Teams 一択だと思います。

しかし、Slackの強みは、オープンな思想自体だと思います。いろんなツールと組み合わせられるし、クラウドソーシングで外部とのやり取りも細かいところで使い良いです。

———-
今後強化していく機能として「共有チャンネル」を3つ以上の企業で使えるようにすることを挙げた。
———-
こういうのとか↑

Microsoftが開発できないとは思いませんが、思想はなかなか変えられないものです。
今のDAUに差がつくのは、積み上げてきた歴史が違うんで、そりゃそうだと思います。日本でSlackって名前を聞いたことある人の方が少ないでしょうし。
しかし、今時点でSlackの優位性が脅かされてるとは思いません。

まだ市場開拓期ですから、DAUの差をあけられたくはないでしょうが、浸透した後にシェアがどう動いていくかを踏まえて、差を出していくのだろうと推察してます。
エンタープライズのマーケットだと、まだまだ保守的な考え方になるところが多いはず。
その意味ではマイクロソフトやGoogleを利用しているケースが、過半数超えるのではないだろうか?

Slackの良さは、オープン化による他のサービスとの連携の良さだったり、開発のスピード感だったりします。
これって多分そういうものが馴染む文化なのかどうか次第。

リモートワークの進展で、わざわざシンクライアントにしてVPNで繋いでデスクトップに入って、なんてことをやっていると生産性が落ちかねない。
もしかしたらこの状況は企業文化を変えるという大きな流れを生むかもしれませんね。
構造としてはこれまでIT業界で繰り返し起きているSuite vs. Best of breedの対決になっており、Best of breedの製品はその領域に研ぎ澄まされている。社員もその領域に特化して取り組んでいる。それがその会社独自のカルチャーを生み出し、ファンとなる顧客層ができるというのが特長であり、Slackもその道を歩んできていると思いますが、一方巨人が打つ手として当然の手をマイクロソフトは打っており、短期的にどちらかが相手を完全に潰すというところまでは行かないのだろうと思います。一つのオプションとして、さらに劇的な成長を見せるとすれば、コミュニケーションツールを核に違う領域へ製品を拡充していき、Cross sellによる単価を上げていき、マイクロソフトの広い製品群の中のTeamsと競合というより、違うカテゴリソリューションを揃えていて、たまたま一部Teamsと重なっているという世界なのかなと思いますが、そうなると本来のDNAやカルチャーが薄れていくという事もあると思います。今のカテゴリを研ぎ澄まして行くのか、拡充していくのか、今後の戦略に注目したいと思います。
Slackの"オープン"な思想に共感している個人としては外部ツールとの連携も含めてSlack一択なのですが、思っている以上にMicrosoft が築いてきた基盤の強さはなかなか崩しづらいです。
大手への導入は進んでいると思いますが、差額390円は組織が大きくなればなるほどインパクトは大きく、また新たにマニュアルを作ったり研修が必要な日本の大手では、まだまだ苦戦するのではと思います。

使ってみて慣れていく、というのが通用しない層はかなり厚いですからね、、
ビジネスがエコシステムが大きく密に機能して成り立つ時代と考えると必要では「.Teamsには企業単位で共有チャンネルを作成する機能はなく、大きな差別化要因と言えるだろう」
この手のツールは初期は機能比較で比べられますが、ここまで成熟すると左右するのは外部性。どのくらい周りが使っているか、連携できるツールの豊富さ、そして企業のワークフローに組み込まれているか?
SlackとTeamsは、使う組織や人との相性があるので、きちんと考えれば競合する部分は、少ないハズなのですが、実際には、それを理解して導入している企業や組織は、ごく一部なので、競合してしまっていると考えています。

Star Warsで言うと、帝国軍(Miscrosoft:スミマセン)と共和国軍(Slackと他のツール群)の戦いのようなものでしょうね。

Miscrosoft側は、自前で、大半のツールは持っているので、その範囲内であれば快適です。企業のIT部門的には、管理面でとても気が楽になります。

逆にSlackは、誰でもベストなツールと連携して使えるように設計されているので、最高のパフォーマンスが出る環境を常に維持できます。反面、管理部門は、結構きついでしょうね。

個人的には、SlackとMiscrosoftには、互いによきライバルとして切磋琢磨して欲しいです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
個人的な感覚ですが、SlackとTeamsは両方とも使っているというユーザーが多いと思いますので、ユーザー数を単純に比較しなくても良いかと思います。また、企業としてのゴールも違いそうです。Slackは純粋に企業間(プロジェクト間)の情報流通を加速させることに重きを置いているように感じますが、マイクロソフトにおけるそれはあくまでプロセスで、その先にビジネスデータを牛耳っていくことを見据えていると思います。

Slackが拡張性で勝負するのはBoxと一緒ですね。ただ、これだけで戦うのは少し厳しいかと思います。拡張する為の仕組みを開発するのはSlackやBoxに接続する側のベンダーです。マイクロソフトが「SlackやBoxにやっていることをoffice365にもやりませんか?」と言われたら、仕様が決まっているだけコスパの良い開発ができそうです。

ちなみに一番驚いたのはSlackで企業間を跨いだチャネルを作っても現状は2社間でしか使えなくて、もうすぐ3社間で使えるようになるということ。企業ドメインを超えて使えるようにするのは開発難易度が高いんでしょうか。Teamsがかなり前から複数企業で使えるようにすると言っていますが、なかなか実装されない理由はも同じなんでしょうね。
やはりOffice365と抱き合わせ販売をしているTEAMSは優位。

Windows PCには必ずIEが付いてくるという、かつてのMicrosoftの戦略と重なる。

Excelだけ月額300円くらいで利用できれば、Office365は要らないんですが。
slackって向かうところ敵なしくらいに思ってたけど、MSのTeamsもすごいな。slackにとってはかなり手強いライバルですね
この連載について
経済ニュースを「数字」でつかむNewsPicks編集部オリジナル連載。NewsPicksが注目する企業の決算・会計から、マーケットの話題、投資まで。様々なテーマを「キーナンバー」で読み解くことで、ビジネスパーソンに必須の「数字感覚」を養おう。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。 ウィキペディア
時価総額
149 兆円

業績