新着Pick
158Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
皆さんもうご理解されていると思いますが、マスクは自分を守るためではなく、周囲の人に感染させないためにあります。自分を守るためならN95マスクを使用しないと意味がありません。

なので私は手術や処置のとき以外はしていません。
そのマスクが不足気味という記事で、確かにそのとおりですが、そこまで深刻とは感じていません。

それよりベッド、呼吸器の問題の方が現場では深刻です。
定期の癌手術(決して緊急ではないけど何ヶ月も後になると生命に関わります)ができなくなる不安はありますね。。
新型コロナウィルスの話をするのであれば、「一般の場における症状のない方の、予防のためのマスク装着は不要」です。

これは、推測上の、可能性のあるマスクのメリットを必ずしも否定するものではありません。少なくとも科学的根拠を示すことができず、優先順位として順番が大きく下がるということです。

もし今マスクを少しお持ちなら、症状が出たときのために、ご家族のケアが必要になった時のために、今使わないことが賢明かもしれません。

医療機関でのマスクの必要性は、言うまでもないかもしれませんが、非常に多岐に渡ります。コロナウィルスの入院患者さんの数は国内ではいまだ限定的です。しかし、咳をしている方には優先的に装着しなければなりません。イタリアからの報告では、医療従事者の感染者は全体の1割ほどにも上ります。

また、髄膜炎菌、インフルエンザ桿菌、マイコプラズマ、例をあげたらキリがありませんが、非常に多岐にわたる患者さんの診療にマスクを必要としています。一定の時間を要する、清潔野を確保して行う処置、手術にもマスクが必要です。緊急性のない手術は、延期をしている医療機関もあります。しかし、緊急帝王切開、お子さんの虫垂炎の手術、待機のできない手術も多数あります。マスクがなくなれば、安全に手術はできません。

多くの医療機関でも、必要なところにまわせるよう、一般診療でのマスクの使用を禁じるなどして対応をしています。これは、京都や大阪に限られた話ではありません。東京でも埼玉でも同じです。

資源には、限りがあります。
各地で深刻。
  
ある感染症指定医療機関の看護師は、マスクなしで患者のところに入るケースもあり、「自ら犠牲になるか、仕事を辞めるかのどちらか」と話しています。
 
医療機関へのマスク供給については、先月末に政府のスキームが作られたはずですが、どこかのラインで根詰まりを起こしています。
  
また、医療機関宛てにマスク1500万枚を国費で購入して配るとしていますが、こちらは、まだ配付の仕方も決めていないと言います。
   
医療現場はひっ迫していて、16日の参院・予算委でただします。
京大病院で1週間に1枚とか、かなり厳しい状況。。
マスクチームの采配がうまく機能しますように。

テレビで、タレントさんがマスクなくて困ってると言ったら、マスクを送ってくれるファンの方がたくさんいた、と仰っていたけど、
それ病院に寄付してほしい。
そして、症状のない一般の方は、人混みでない限りマスクは必要ないことをもっと周知徹底して、医療現場や介護現場など本当に必要なところに本当にマスクが不足していることをもっと認識してもらいたいです。
身近に、症状の出ていない参加者らがマスクをしている会議には出ないとおっしゃる方がいらっしゃいます。
・マスクは予防効果はないことは繰り返し広報され、それでもマスクをする行為はマスク不足を助長しているとしか言えない
・仮にマスクをしなければならない人が参加者にいるのであれば遠隔会議にすべきである
ということでした。

一方、昨日ちょっと買い物にいったらほぼ全員マスクをしていて。。。(以下、省略)
リーシェンロン首相自ら予防効果に乏しく、症状が出ている人のみマスクを付けるべきと繰り返し発信しているからか、シンガポールの街中でのマスク姿の人は目に見えて減ってきている。日本でも優勢順位高い人に譲る姿勢見せてほしい #新型肺炎
日本でも、国会の本会議や委員会、記者会見では、マスクを着けている人は極めて少ない。
閉鎖空間での濃厚接触にもかかわらずだ。

つまり、合理的根拠のない、「やらないよりはやった方がよい」程度の対策で、効果も未知数だから、強制できない。だから、「要請」や「自粛」。

指揮官が半分逃げながらの腰の座らない戦術。
恐れていた事態が一部地域で発生している。医療崩壊を起こす前に、1日も早くマスクを医療現場に。医療従事者の善意に任せ続けるわけにはいかない
いち早く中国から入国禁止に踏み切った台湾。中国の情報ネットワークは日本と比べ物にならない。

1月中旬に、マスコミや日本の感染症の専門家が人から人には感染しないと主張していた頃、すでに詳細な情報を持っていた模様。

現在、台湾で、武漢肺炎は、肺の繊維化や神経系統の侵されるると、重度の後遺症が残るという。検索すればすぐ見つかります。また、2度かかると、重症率は高いという。

世界は、これらの情報のもとに動いてる。まだまだ日本の情報は信頼できない。

イタリア、スペインなど外出禁止令は、どのような判断でされているのか、知りたいところ。米国も州兵が出動し戦時体制にも見える。情報戦争の様を呈してる。

正確に分かるまでは、用心に越したことはない。
マスク信仰の連中に、何度でも言う。

ウィルスの大きさ鑑みたら、サージカルマスクの目の粗さで透過防止出来ないのは自明だろう。
あれは、飛沫拡散防止が目的だ(咳やくしゃみの飛沫:5μm水分を含むため)

サージカルマスクの捕集:5μmまで
空気中の細菌の大きさ:1μm
空気中のウィルスの大きさ:0.02~0.1μm

視覚的に透過遮断して"見える"と、物理的に透過遮断出来ているかは別の話だ。

それよりも、医療従事者にマスクが行き渡らずに、不意の咳やくしゃみの飛沫拡散出来ない方が問題だろう。

たとえ、大門未知子が来てもノーマスクの執刀医に開胸や、開腹はされたくない。