新着Pick
202Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
やめるべきは圧迫面接だと思います。

私が就職活動をした際は圧迫面接をした面接官には逆に論理で詰めましたし、そういう会社は最後の役員面接手前であっても全てこちらから断りました。

圧迫面接でプレッシャーへの強さを見るようですが、意味がよく分かりません。そんなことをしなくても、その人の芯の強さは分かります。
圧迫面接よりケース面接を30分使って解かせる方がもっと多くのことが分かります。私が面接官の時は、相手の得意分野のケース面接を行うことにしており、普段から論理的に考えているのか試せます。
また、更にプレゼンテーションも行っているので、心の動きも分かります。

ですが、面接官のレベルが低いとケース面接はうまくできません。圧迫面接をするよりは、面接官(社員)の教育に心を配った方が良いと思います。
人気 Picker
ES手書きをやっている会社の理由は「エントリーのハードルをあげて本当に来たい人にだけエントリーさせるため」だと言われています。中には昔ながらのやり方を変えられていないだけのところもあるかもしれませんが。人気企業だと応募が殺到し、コピペで提出できるエントリーシートだと無限に応募がくる。入社希望者にとっても、自分以外のライバルで記念受験程度の人が減るのは良いことでは?(私は手書き履歴書を課したことはありません)

スーツと靴は、もう何度も書いていますが、求められている企業では着たらいいし、私服OKと書いてる企業は本当にOKなので疑心暗鬼にならずに私服でどうぞ。でも私服っていってもTPOに合わせる必要があり、それが分からなかったり面倒であればスーツ着たらよいのでは?TPO面倒くさいというなら、それは就活に対する文句ではなく社会に対する文句として、別途吐いてください。なお、「私服OKと書いて、それで私服を来てくるやつはダメだ」みたいな会社があると言いますが、もしそんな会社があるなら行かない方がよいでしょう。入社してからも毎日本音と建前を意識しながら生きていかないといけない。スーツは黒のリクルートスーツである必要はないと思います。むしろここ数年で紺のスーツも増えてきています。紺の方が爽やかに見えて、良いと思うけどなあ。私は紺おすすめです。ただ、馬鹿な面接官のなかに「就活生なのに黒じゃないとはけしからん」みたいな人もいるのかもしれませんが、本気で意味がわからないので、やっぱりこれもそんな人がいる(そんなことが評価基準になる)会社いかんでよいのでは?の理屈で良いかなと。入社してからも変な価値観を押し付けられそうです。
「変わってほしい」と待っていても変わりません。

リクルートスーツやハイヒールなど、就活に関して、学生と企業の認識に大きな差があることが多い。

学生に間違った情報を教える就活サポートをする大人たちが、一番の原因ですね。

一括採用も廃止されるので、学生に過度な負担をかけるバカげた仕組みも、いい加減やめましょう。
就活生の悩みは尽きず、あれやこれやと気を遣うことが多いと思います。

ただ、終活は一種のセレモニーです。
原則として、(よほど自信がない限り)服装や靴は周囲に合わせた方が無難です。

ESの手書きなどはもっての外。
読み手がどちらが読みやすいかを考えれば、(よほど字が上手でない限り)手書きはあり得ないでしょう。
(「読み手に対して思いやりのない就活生だな」と思われるのがオチです)

面接官は、あらかじめ就活生の大学、成績、部活などを頭に入れてから面接に臨みます。
つまり思いっきり先入観を持って面接がなされるのです。

一流大学で成績も良くて・・・という学生は、先入観を壊さないよう留意しましょう(守りを固める)。

逆に、絶対に受からないと思ったら奇抜なスタイルや受け答えも「アリ」だと思います(攻めで玉砕)。

ケースバイケースで戦略を変えないと、思ってもいなかった結果に愕然とする羽目に陥る恐れがありますよ。

面接官にとって、あなたはたくさんの中の一人に過ぎません。
それを肝に銘じておくべきでしょう。
ルールやモラルに従うのは当たり前の事。子供の頃出来てたことが大人になって出来なくなる。それが嫌だったらそれを作る側に回る。作る側に回るには「行動」と「熱量」を持ち続ける。「行動」と「熱量」を持って学生時代を過ごし、自分の居場所を確保しようとしている人はたくさんいるし、そういう人はいつか必ず手にできる。ラクしたい自分に世の中が合わせてくれる事は一生無いだろうし、本当にそんな世の中を作って自分たちの為になるのか考え直した方がいい。
非同期型の動画面接、構造化面接、リファレンスチェック等の手段で採用を進化させているシリコンバレー企業に比較すると、手書きESの是非とかスーツか私服か?とか議論している時点で、マジで日本企業の採用力は終わっとる。
当方就職活動はもう20年も前の話なので、今は知りませんが。

当時そんなに窮屈なイメージは無いんですよね。
スーツも大学入学式用に買ったのを引っ張り出して面接に使ってましたし。
選考方法も様々でグループディスカッションやグループワークが多かったイメージ。申し込みもネットで、ってのも多かった。
その辺りが変わった時期だったからかも知れませんがね。

そんなにモヤモヤしなかったのは、私の性格のせいかも知れませんがね。つまらないコダワリも無ければ、細かい事気にしないので。
スーツか私服か、手書きかPCか、、、。
企業の裏を読みながらの就活は、学生を困惑させ、その子らしさが見えなくなる可能性もあると思います。
企業が大事にしていること、学生に求めることを明確にしてあげて、もっと効率よく採用活動をしていくべきだと思います。