新着Pick

朝日編集委員、コロナ痛快と投稿 ツイッターに

共同通信
朝日編集委員、コロナ痛快と投稿 朝日新聞社は14日、同社の編集委員が新型コロナウイルスについて不適切な投稿をしたと明らかにし、謝罪し...
167Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは衝撃だった。良くなるための現状打破ではなく、現状破壊しか考えていないのだというのがポロっと出ちゃったんでしょうね。愕然としました。
ものすごく悲しい。こういう人が中にいたのでは、国を良くする努力なんていくらしたって報われない気がする・・。
本日朝刊に社としてのおわび記事が出ました。内容はもちろんのこと、説明や謝罪をせずに本人アカウント自体を削除した対応もまったく不適切だったと私も思います。SNSの怖さ、というだけでは片づけられない深刻な問題点をはらんでおり、同じ社の後輩記者としても、残念でなりません。ここで「今回の件を教訓に」と書くと常套句めいてしまいますが、世の中に投げかける一つ一つの言葉がどう響くのかを深く考え、自分を律する機会にしたいと一記者として思います。
朝日新聞広報部も仰天して頭を抱えたと想像します。文化財に通じた大ベテラン記者だけに、同じ記者としても残念です。ただ、これがSNSの怖さであり、私も教訓にしたいと思います。
 私も何度か炎上を経験しています。同僚記者も炎上し、アカウントを削除した記者もいます。SNSとりわけツイッターの怖さは、自分の考えた文脈とは切り離されたところで言葉がひとり歩きしてしまうことです。それはわかっているはずなのですが、人間は自分の文脈で思考するので、ついうっかり忘れてしまいます。いったん切り取られると自分の言葉であって自分の言葉でなくなります。
例えば、立川談志さんがまくらに使う毒舌は、その後の人情話とセットになっており、また談志さんとお客さんが同じ時空を共有して初めて成立するものです。その毒舌が最良のわさびとして最高級の料理をさらに高めてくれます。ところが、もし毒舌だけを切り取ってツイッターのタイムラインに投げ込んだら大炎上してしまいます。
 SNSはこれまで想像もできなかった「つながり」をつくるもので、どんどん利用すべきです。それだけにSNSの作法を身につける必要があります。ただ、この作法は常にアップデートが求められます。朝日の編集委員も私もシニアです。アップデートがしんどくなっていたかも知れません。
 最後に一点だけ。酔ったらスマホは触らないことです。朝日の編集委員に聞きたいのは、飲んでませんでした?
朝日編集委員、痛い投稿

しかも謝罪撤回もせずアカ削除とは、良い対応とは言えませんね

日本や日本政府の利益に対する帰属感がないので、痛快に思えてしまうんでしょうね

政府でさえ自分達が選んだ責任が誰しもあり、メディアであれば尚更あるはずなのに、どこか他人事

2004年のイラク日本人人質事件のとき、菅直人民主党代表(当時)が、日本人が誘拐されたというニュースを聞いて「やった!」と叫んだのを隣にいた岡田氏に諫められたシーンが忘れられません(しかしネット上に履歴がどうしても見つからない)
別pickにも書きましたが、ツイートそのものも最低という前提で、これの最大のミスは、炎上したら撤回も謝罪もせずに垢消し逃亡したこと。消したところでデジタルタトゥーは一生消えない。逆に逃亡したことで一層の炎上に発展するよ。ネットとはそういうもの。
モーニングショーの玉川氏といい、この人といい、朝日の人ってなんで自分でケツ拭けないの?
不適切な表現だったでは済まされない。言葉を紡ぐプロの記者(しかも編集委員)の責任は重い
朝日新聞は1番早くSNSを取り入れた新聞社。天声人語の感覚なんだろうが、このような世間と乖離した発信がままあるのは残念。
この感覚。だから、“やはり朝日”なんです。
平常運行
元々その程度のレベルのメディアという認識です
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
2.89 兆円

業績

株式会社朝日新聞社(あさひしんぶんしゃ、英語: The Asahi Shimbun Company)は、全国紙『朝日新聞』を発行する日本の新聞社である。新聞以外に雑誌・書籍の出版や芸術作品の展示・公演、スポーツ大会の開催などの事業活動も行う。 ウィキペディア