新着Pick
439Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
健康経営というと、社員を健康にさせることを目的とした取組みなんでしょ。と思われがちですが、経産省がリードしていることの示す通り、本来は経営のための取組みです。

現在のような出来事を経て、健康の価値が今後ますます高まる中で、いかに経営に資する取組みにしていけるか、会社感で大きな差が生まれていくはずです。

健康経営にまったく関心なかった方に関心を持っていただけたらなと思い、お話ししています。
タイムリーな記事。
「企業トップが健康経営を重要な経営課題と認識し、リーダーシップをとって進めること」のためにいろいろな施策がある。 健康経営の価値を理解したい。
「健康経営」の考え方を2006年から提唱してきた第一人者で産業医、健康経営研究会理事長の岡田邦夫先生。

DeNAでCHO(Chief Health Officer)室を創設し、いち早く健康経営に取り組んできた我らがプロピッカー!の平井孝幸さん。
日本橋室町三井タワーにて、健康経営のポイントについてお話を伺いました。

新型コロナウイルスの影響で、働く場所の変更を余儀なくされている方も多いと思います。
自分の生産性を握っているのは何といっても健康状態。
長く、現役で働き続けるには健康が不可欠です。
職場全体で健康リテラシーを高め、楽しみながら働けるよう、健康経営に取り組む企業が増えていってほしいですね。
職務特性から生まれてしまう特異な疾病には、昔から注意が図られていたが、安心、安全がある程度担保される環境下においては、フィジカル面でのケアよりも、メンタル面でのケアが重要になってきている。特に、プレゼンティズム(疾病就業)は、生産性低下、保健状態低下、職場における伝染病蔓延を引き起こしえる要因となり、見過ごせない問題となっている。会社に来ることが、"働いていること"になっていた…悪しき慣習を改める必要がある。人事労務に関わる人達だけの問題では決してない。自分自身も含めて、健康であることの重要性を認識するべきである。昔はよくXXXやったものだ、無理が効かなくなった…など、職場から聞こえたら注意しよう。不健康な体に、無理は効かないし、有事の際は、望まなくても無理をしなければならない場面が勝手に訪れる。その時に、無理が効く状態でなければならない。健康に注意を払い、健康体を維持することは、もはや、ビジネスパーソンにとっては、当たり前の常識に位置づけないといけないと思う…。


所謂、職業病