新着Pick
24Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
原油については、トランプ大統領が戦略備蓄の拡充のために大量に購入する準備があることを示唆した点は興味深い。
トランプ大統領は2018年頃だったか、原油が上昇した局面では戦略備蓄の原油を一部売却して、売却益を得ようと投資家みたいなことを言い出したことがある。この発想があるなら、原油価格が下がってるこの局面で備蓄を増加させる名目で大量購入し、国内シェール企業に恩を売りながら、原油価格が上がれば売って稼ぐかもしれない。
米国の備蓄は6億〜7億バレルで一カ月程度の備蓄に過ぎない。日本のように何カ月分も備蓄していないので、やろうと思えばできるかもしれない。個人的には購入した原油を中国に売却すればよいと思う。それなら、達成は絶望的だった米中貿易交渉第一弾の達成に貢献するのではないだろうか。
原油価格の高騰が景気の足を引っ張るのではないかと警戒されたのはついこの間のことなのに、今は原油価格の急落が、米国のエネルギー産業が多くを発行する低格付け債が信用不安を招いて経済の足を引っ張らないかと心配されている。ガソリン価格が下がれば大型車が売れて消費が増える米国経済の特性も、今の環境下では望めないでしょうし。
原油価格がサウジアラビア、ロシア、米国を巻き込んだ覇権争いの様相を呈しているように感じないでもないけれど、安定させる術はないものか。新型コロナウィルスが、Gゼロ時代の危うさを、世界のいろんなところで炙り出しているような気がします (^^;
家計にとっては給付金レベルの効果があるかもしれませんが、シェール関連企業や産油国財政にとっては死活問題ですね。
原油はOPECとロシアの対立に米国も参戦するという様相となりました。当初はコロナによる需要減でOPECがロシアに減産提案をしたが決裂、
OPEC 減産主張→増産+値下げ、対ロシアとチキンレースを開始
ロシア 減産延長破棄、市場シェア重視、OPECの増産に懸念
アメリカ 原油の備蓄量を増やし価格維持とシェールガス産業保護
という構図になっています
OPECとロシアの2者間ではチキンレース的な展開になっていましたが、第3のプレイヤー米国の出現で流れは少し変わるかもしれません
鍵はロシアの減産受け入れにかかっていますが、米国の対応はロシアに対してプラスとマイナスどちらの影響もありそうですので、今後の展開に注目です
Premiumを無料で体験
登録・ログイン