新着Pick
248Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日経平均株価は1128円安で3日続落、「トランプ大統領選勝利」以来3年4カ月ぶりの安値となっています。
米国株はNYダウが2352ドル安とテンパーセント近い暴落、欧州株も1割を越す暴落で、今朝の東京市場も大幅安から始まりました。
新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済の悪化に警戒感が高まりリスクオフ一色、換金売りが強まりました。
前場の内に17000円を割り込み、下げ率を1割強にまで広げる場面もありました。
後場は日銀のETF買い観測や106円接近の円安進行から急速に下げ渋り、18000円台回復までありましたが、最後は売り直されて引けています。
「極端に下げた後、戻す」、波乱の一日でした(極値になりやすいビッグイニング)。
週を通せば3318円安と5週続落です。
前々週にリーマンショック以来の「下げ幅」を記録したばかりで今度は「下げ率」も記録するなど、文字通りリーマン級の酷い相場になっており、パンデミックで類例を見ない株安局面と云えそうです。
足元の景気下ブレを阻止するべく、政策総動員が求められそうです。
来週は日米金融政策が注目されます。
※16年のブレグジットが1286円安、13年のバーナンキショックが1143円安
※CME・GLOBEXでダウ先物が2万ドル攻防「前哨戦」、20388ドルから21869ドルまで大動き
p.s
私自身がアベノミクスとして株価KPIとして意識してる17,563(イナガキゴロウサン)が割れて残念です..
https://toyokeizai.net/articles/-/54779
後場に急に日銀とおぼしき不自然な買いが入り反騰したが、格好の売り場を与えてしまった形かと思います。現に引け後に先物は急落しています。公的部門が無駄な買いを入れるべきではない。
日経平均-6.08%、TOPIX-4.98%、マザーズ-5.75%、REIT-10.50%。
日中値幅約1500円と極めてボラが大きい。前場は1万7000円割れ、後場いきなり戻り14時過ぎには1万8000円を一時超えたが最後の45分で失速、1万7431円。日中戻ったところは、日本株だけでなくダウ先物も戻った。ドル高が進んで、その文脈で円安も進んだ印象で一時105円になったが、現在は105.5円。
なお引け後に日経平均先物は下落を続けて、1530時点でCME円建てで-850円(250円くらいは月末配当落ちを見込んで先物はよりマイナスになっていると思う)。

5営業日、10営業日の下落率は以下の状況(カッコはそれぞれ過去の最大の下落率)。
特に過去5営業日での下落が大きかったことが分かる。そして日経平均・TOPIX・REITの下落が一番大きかったのは2008/10/10のリーマンショック。マザーズはITバブル崩壊の2000/4/17。
今回より5営業の下落率が大きかったのはリーマンショック以外では震災時の2011/3/15の-18.24%。ようはそういった水準になっている。とはいえ、価格水準・バリュエーションとしては過去より高い。来週も下落が続くかどうだろうか…

日経平均:-15.99%(-24.33%)、-17.56%(-30.41%)
TOPIX:-14.26%(-19.76%)、-16.49%(-26.75%)
マザーズ:-21.05%(-45.88%)、-19.31%(-59.67%)
REIT:-21.87%(-27.36%)、-20.88%(-38.28%)

なお、アメリカ株は昨日時点で5日騰落率でダウ-18.84%、S&P-18.34%。ダウは96年くらいからのデータだと過去最大の下落(大恐慌のころはもっと率で大きかったとは思うが)。

まだ今夜の米国市場や、また週末に政策発動などあるかもしれないが、一旦、今週もお疲れ様でした~
この株価では債務超過状態になった日銀に想定外の「円安株安」に打つ手はあるのか?

中央銀行が禁じ手で買い続けたETF購入で国民の年金原資は守られているのか?

一市民の不安です。
こういう時は細かいことゴニョゴニョ言っても仕方ない。屁こいて寝るだけ。
大変だーと思う部分もありますが、まあそうだよね〜という感覚の方が強いかな。
当面は大人しくするしかないですね。
海外にも行けないし、国内の空いてるところをぶらぶらして楽しみます。
本日の日経平均株価は、前日比マイナス1128.58円の17,431.05円で取引を終了しました。
下落率は6.08%でした。日経VIは53.90となっています。
一時17,000円を割り込む場面もありましたが、そこから少し戻した印象です。
ドル円為替は円安ドル高が進んでおり、105.40円台。
NYダウの先物が480円ほどプラスと上昇しています。
まさしく急落だが、それでも底を探る段階となれば、底打ちまでに相応の期間を要する。リバウンドから本格的な上昇に転じるまでは、より以上に時間がかかるだろう。その中で、短期売買に徹するか、中長期の投資として底を拾いにいくか、あるいはしばらく休むか。人それぞれ、投資姿勢が異なるからこそおもしろい。
先が見えないのが恐怖を誘いますね。
まだ、まだ下がりそうなので怖いです。
皆んな悲観しすぎ(個人の感想です)