新着Pick
856Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
データ活用は本当に難しいです。けど、まだまだ眠ている宝は沢山あるように感じます。

そのいい例として元プロピッカー・清田さんが書かれた論文などは非常に参考になります。Twitterを用いて、関東圏でマンションを購入する人がどのような行動パターンや心理状態をなぞるかを解析された例が紹介されています。

清田陽司、住居選択支援を目的としたAI技術適用の試み -ソーシャルメディアへのクラウドソーシング適用および物件画像への深層学習適用-
https://jsai.ixsq.nii.ac.jp/ej/index.php?action=pages_view_main&active_action=repository_action_common_download&item_id=8697&item_no=1&attribute_id=1&file_no=1&page_id=13&block_id=23
ソフトバンク×博報堂×Armでデータマーケティングの新たなJVを立ち上げました。
SBのデータテクノロジーを用いた事業変革ノウハウ、博報堂のマーケティングコンサル、ArmトレジャーデータのCDPプロダクトを結集して、ワンストップでのソリューション提供を実現していきます。

お陰様で案件も非常に増えており、各職種で絶賛採用活動中です。少しでもご興味を持たれましたら、是非ボタンを押してみて下さい!
データの活用は難しいと思われがちですが、「仮説」と「意思決定」を意識すればどう活用すれば良いかも見えてくると思ってます。

漠然とデータを見るのではなく、まずは「仮説」を立てたそれが正しいか判断する為にデータを活用する。
活用したらその後どうゆう「意思決定」をするのか明確にする。

難しいデータを見て凄いね、で終わらないように「仮説」と「意思決定」を意識したデータ活用が出来れば良いなと思います。
1.知識、2.識別、3.理解、4.知恵のフェーズで、データは1:知識、活用は4:知恵だとすると、2と3をすっ飛ばして4の成果を求めるようなケースが見られる、という事。デジタル化した1でビッグデータを集めても消化不良しか出来ない。

2と3を確実に通過して4:データ活用の成果を上げる為に、誰かの1:知識との2:識別に頼りすぎず、やはりプロの1:形式知と1':組織のデータを2:識別し、見えてくる3:理解が創り出す4:アクションのパフォーマンスを感じてみたい。

この2と3を実現するプロセス、モデル、パラメータなどの経験は、このデジタル社会の 需給最適化の 需要側の把握だけでなく、需要側をある程度コントロールする経験にもなると考えると、この大仕事は計り知れない。
わかっていない人が意思決定に関与する場合が多すぎるから
株式会社博報堂DYホールディングス(はくほうどうディーワイホールディングス、Hakuhodo DY Holdings Incorporated)は、東京都港区に本社を置く、広告代理店の持株会社。 ウィキペディア
時価総額
4,850 億円

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英語: SoftBank Group Corp.)は、孫正義によって創設された新興財閥であり、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。日経平均株価およびTOPIX Core30、JPX日経インデックス400の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
9.02 兆円

業績