新着Pick
49Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
新卒一括採用で終身雇用、定年で辞めて行く日本型雇用が行き詰り、この先の雇用の在り方を民間が一生懸命考えている最中に、公務員さんは日本型雇用をますます強めるということですね・・・ 職場の生き残りを賭けて世界と競争する必要はないですもんね (^^;
後付けというより、「国家公務員法」が適用されるのであれば「検察庁法」を改正する必要はないと考えます。

「検察庁法」を改正して定年を65歳にするということは、「検察庁法」が「国家公務員法」の特別法であることを如実に示しているからです。

検察官の定年に関して「国家公務員法」が適用されるという法務省の見解が正しいのであれば、「検察庁法」を改正する必要はありません。

政府、法務省の見解に自信があるのなら、「検察庁法」を改正する必要はまったくないはずです。
改正しなくても65歳定年が認められるはずですから。

「余計な策を弄して自身の立場を否定してしまう」・・・愚策の最たる例でしょう。

もし私が立案担当者であれば、「検察庁法」はそのままにして「国家公務員法」だけを改正し、頃合いを見計らって(紛らわしいからという理由で)「検察庁法」を改正するでしょう。

揉めてるときに、自身の非を認めるような愚策は犯しません(^_^;)