[12日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大するなか、米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は12日、各国社員に対して今月いっぱい在宅勤務を推奨すると明らかにした。一方、倉庫や他の施設は、商品出荷のため引き続き稼働させる。

アマゾンは「状況が変化し続けるなか、適切な予防措置を取るため、今後も官民の医療専門家と協力していく」との声明を発表した。

昨年末時点で、同社で働くスタッフ数はフルタイムとパートタイム合わせ、全世界で79万8000人だった。

現場スタッフは、通常通り有給か無給の休暇が取得できる。時間給スタッフは今月中、上限なく無給休暇が取得可能という。

ウイルス感染が確認されたり、自宅待機が必要な社員は、最大2週間の給与が保証される。