新着Pick

マスクの高額転売は不愉快でも禁止すべきではない理由 - 塚崎公義(大学教授) - シェアーズカフェ・オンライン

BLOGOS - 最新記事
マスクを大量に購入して高値で転売する人がいるようで、不愉快ですね。でも、転売を禁止すると困った事が起きるので、悔しいですが禁止はしない方が良いのです。その理由を考えてみましょう。■経済を見るには暖かい心と冷たい頭脳が必要経済を見るには、暖かい心と冷たい頭脳が必要です。「他人がマスク不足で困っている時に、高値で転売して儲けようなどと考える輩はケシカラン」と考える人は多いでしょうし、筆者もまった...
90Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
違うと思う。

転売屋は、本来、その高額な価格で売るべきところ、さらに高額を期待して売らなくなるところが問題なのだと思う。

適正価格が無限大(=不明)となるため、いつまでも売らないことが合理的選択となる。

マスクの「品質期限」を設ければ投機は抑制される。
実際、不織布には材質から機能劣化があるはず。何年も前の古い在庫のマスクまで、同じ品質が保証されているのだろうか?
積み重ねの在庫は物理的に変形し、日光・紫外線や温度・湿度による材質の劣化があるはずだ。少なくとも、衛生力は疑わしい。

追記
衛生面での機能を考えると、「純正」マスクではない「手作り」マスクは、注意する必要がある。
もっとも、「純正」マスクでも主たる機能が飛沫を飛ばさないというエチケットにあるなら、手作りでも充分なはず。このことを、「専門家」は強調すべきだと思う。
意味不明?? この緊急時に転売屋は害悪でしかない。台湾の対処方法の記載しておきます。

製造業者によるマスク輸出を1カ月間禁止▽マスク工場の買収▽配給制の導入▽一定価格に管理▽実名によるマスク購入――などを求め、マスクの安定供給を確保した。

また、生産ライン拡大のため数億ドルを投資し、国防省は民間マスク工場を支援するために軍隊を派遣するという徹底ぶりだった。
マスクの高額転売は、不愉快ですが、禁止すると本当に必要な人が「金さえ出せば買える」状態から「金を出しても買えない」状態に悪化してしまうので、禁止すべきではないでしょう。