新着Pick
213Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「シゴテツ -仕事の哲人-」、ビザスクのCEO・端羽英子さんの第7回(最終回)です。

「私は人生で一度は起業したいと思ってはいましたが、はじめからビジョナリーな起業家というわけではありませんでした」と語る端羽さん。たしかに最初から大きな夢やビジョンがあり、一直線に走る起業家の方が多いので、端羽さんのジグザグなキャリアは新鮮でした。また「起業したい」ありきで、事業テーマを考えるのが後というのも、一般的な起業家像とは異なります。起業のハードルが下がり、一歩を踏み出す勇気を与えてくれると思いました。

---
ビジネスの知見をシェアするサービスで、個人の多様な働き方や企業の課題解決、イノベーション創出を支援してきたビザスク。創業者でCEOの端羽英子氏もまた、ゴールドマン・サックス、日本ロレアル、ユニゾン・キャピタルとキャリアチェンジを重ねて、ビザスクを起業した。

その間には、学生結婚、出産、子連れ留学、専業主婦、離婚を経験。さまざまな転機を迎えながらも、キャリアをつないできた端羽氏の働き方・生き方の哲学に迫る。(全7回)

■第1回 コロナ禍に上場、ビジネスの知見をシェアするサービス
■第2回 学生結婚、ゴールドマン入社、子連れMIT留学
■第3回 3年勤めれば、見える景色が変わってくる
■第4回 仕事で大切な「3つの欲」
■第5回 「成功確率1%」で起業にチャレンジ
■第6回 失敗しても、挑戦した自分の「人材価値」は上がる
■第7回 今日の私は、昨日の私よりも賢い
第一回から拝読しました。読む度に元気をいただくと同時に、自分自身もっと精進しないといけないと身が引き締まりました。

「まだ1%しかできていない」と思いながらも、「それでも今日の私は、昨日の私よりも賢い!」と思って眠りにつく。

実践するには今日をどのように過ごすか、と理解しました。
華麗な経歴もさることながら端羽さんとお話ししていると元気になりますね。前向きなエネルギーに満ちていて、素晴らしい方にお会いできたという感動がそこにありました。優秀な方というのは沢山あったことがありますが、心の底からリスペクトできる方でした。応援しております!

https://keyplayers.jp/archives/16276/
とても清々しい連載でした。高い山が見えるとモチベーションが湧いてくるのはとても共感できます。
"先にはもっと高い山が見えていて、ワクワクしながらまた登り始める。それをずっと繰り返してきました"
このビザスクというサービスを作り上げてくれて本当に感謝しています。色んな課題・論点に直面しますが、自分の専門外の事象も多いのが実情で、このサービスがなければ、そのままスルーしていた相談事も多かったです。でも、ビザスクを使うというインプットツールを手に入れたので、サクッと情報収集及びブレストができ、生産性が高まりました。

利用するユーザーとしては、どんどん多種多様な専門家の方にジョインしてもらいたいと思っています。
SlackやChatworkとかに組み込んだら面白そう。「ちょっとこれ調べないと」でググる工数減って便利になるとか。ビジネス版Wiki. Anyway, 面白い連載でしたー!
知らなかったですが、グローバル展開されてたんですね。英語圏の方がマーケットが数倍位大きいですし、アービトラージもあるので、スケールする可能性は十分にありますね。(コロナ時代が追い風にもなりそう)
upwork, fiverr, 99designsなどに負けないスキルシェアなサービスを日本発で実現してほしいです。
毎朝元気をもらえるような連載でした。「先にはもっと高い山が見えていて、ワクワクしながらまた登り始める」というのは、人生を楽しむ秘訣のように思います。

ありがとうございました。
他にもたくさん類似のサービスがあるのに、ビザスクが伸びているのは、差別化と経営理念が影響しているのでしょうね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
起業から上場までの経緯、特にサービス開始からブレークスルーまでがどんなだったのかが知りたくなりました。他のインタビュー記事など拝見させて頂こうと思います。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。