【端羽英子】コロナ禍に上場、ビジネスの知見をシェアするサービス

2020/5/17
ビジネスの知見をシェアするサービスで、個人の多様な働き方や企業の課題解決、イノベーション創出を支援してきたビザスク。創業者でCEOの端羽英子氏もまた、ゴールドマン・サックス、日本ロレアル、ユニゾン・キャピタルとキャリアチェンジを重ねて、ビザスクを起業した。

その間には、学生結婚、出産、子連れ留学、専業主婦、離婚を経験。さまざまな転機を迎えながらも、キャリアをつないできた端羽氏の働き方・生き方の哲学に迫る。(全7回)
端羽英子(はしば・えいこ)/ビザスク CEO
東京大学経済学部卒業後、ゴールドマン・サックス証券の投資銀行部門にて企業ファイナンスなどに従事。1年で退社後、USCPA(米国公認会計士)を取得し、日本ロレアルに入社。化粧品ブランド「ヘレナ ルビンスタイン」の予算立案・管理を1年半経験した後に渡米し、MIT(マサチューセッツ工科大学)にてMBA(経営学修士)を取得。 帰国後、投資ファンドのユニゾン・キャピタルにて企業投資に5年間従事。2012年にビザスクを設立、CEOに就任。2020年3月、東証マザーズ上場を果たす。
コロナ禍に東証マザーズ上場
私が2012年3月に創業したビザスクは、2020年3月10日に東京証券取引所マザーズ市場に上場しました。
奇しくも新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、マーケット環境が厳しい中での上場となり、東証での上場セレモニーや企画していた記念パーティーは中止に。その代わり、社内で鐘を打つなどささやかなお祝いをしました。
2020年3月10日、社内で上場セレモニーとして打鐘した
上場日、社員集合写真
それでも、テレビ東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)が、コロナ禍での上場企業として取材に入ってくださったこともあり、思い出に残る門出となりました。
3月26日からは全従業員を対象に、原則としてリモート勤務を実施しています。ビザスクではもともと電話会議やZoomでのオンライン会議を行っていたので、それほど大きな影響は感じていません。
原則リモート勤務のため、オフィスに誰もいない