新着Pick
485Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
友人でもあることをディスカウントしていただいたとして、こんなに自然体で裏表のない人もいないのかと。大局観と物事をシンプルにフラットに見る、だけどとんでもなくお茶目さがある可愛い方。
どこか判断に悩んだ時、この人だったらどう判断するか?振る舞うか?というのを一つ考える軸にしているのですが、その参考にする一人です。いわゆる「典型的な」ベンチャー経営者ではないベンチャー経営者のロールモデルの一人です。
今回の「シゴテツ -仕事の哲人-」は、コロナ禍の3月10日に上場したビザスクの端羽英子CEOです。「戦国武将のように世の中を変えて歴史に名を残し、年表に載ったり、伝記を書かれたりしたいと思っていた」とおっしゃるように、とてもカッコいい女性です。
---
ビジネスの知見をシェアするサービスで、個人の多様な働き方や企業の課題解決、イノベーション創出を支援してきたビザスク。創業者でCEOの端羽英子氏もまた、ゴールドマン・サックス、日本ロレアル、ユニゾン・キャピタルとキャリアチェンジを重ねて、ビザスクを起業した。

その間には、学生結婚、出産、子連れ留学、専業主婦、離婚を経験。さまざまな転機を迎えながらも、キャリアをつないできた端羽氏の働き方・生き方の哲学に迫る。(全7回)

■第1回 コロナ禍に上場、ビジネスの知見をシェアするサービス
■第2回 学生結婚、ゴールドマン入社、子連れMIT留学
■第3回 3年勤めれば、見える景色が変わってくる
■第4回 仕事で満たしたい「3つの欲」
■第5回 「成功確率1%」で起業にチャレンジ
■第6回 失敗しても、挑戦した自分の「人材価値」は上がる
■第7回 世界中の知見をつないでイノベーションに貢献する
端羽さんとは、以前ロンドンで行われたベンチャーの海外進出支援プログラムでご一緒したことがあります。サバサバしていて素敵な方だなと思っていましたが、こんな波乱万丈の過去があったとは知りませんでした笑
このシリーズ、次も楽しみにしてます。
端羽さんのキャリアとライフイベントはいったい、どうなっているのでしょうか?連載の続きが楽しみです!!

ーー以下引用ーーー
私のキャリアとライフイベントの遍歴を簡単にまとめてみると、以下のような流れになります。
・大学の卒業直前に結婚し、卒業後、ゴールドマン・サックス証券に入社。
・その年に妊娠し1年で退社して、長女を出産。主婦生活を送りながら、USCPA(米国公認会計士)を取得。
・日本ロレアルで1年半勤務したあと、夫の米国留学に同行。再び主婦生活に戻り、子どもを幼稚園に通わせながら、MIT(マサチューセッツ工科大学)でMBAを取得。
・帰国後に離婚してシングルマザーとなり、投資ファンドのユニゾン・キャピタルで5年間勤務したあと、起業。
ーーーーーーーーー
ビザスクの端羽社長の記事。ビザスクは存じ上げていたのですが、社長さんのことを初めて知りました。

上場後の有価証券報告書をみると、ボストンコンサルティンググループからの売上が1億円(売上の15%)あり、大型得意先であることを知りました。プロジェクト単位で、有識者やスポットコンサルとして活用していることが伺えます。数字が伸びているのをみると、コンサルファーム側の満足度も高く社内でも周知されている存在だと思います。

コンサルファーム自体が、ビザスクを活用して多くの幅広い人達から恩恵を受けているし、そういう一定のオープンイノベーション型の時代になっているんだなという印象を持ちます。一定のスキルセットやバックボーンがある人達は副業として十分成立していくでしょう。

今後の記事の展開が楽しみです。
ビザスクはコンサルティング業界の知人と話すとなくてはならないインフラになってると感じますね。
ビザスクみたいなビジネスアイディアはたくさんこれまでにも浮かんでは消えていきましたが、上場までこぎつけたのは大手コンサルの営業への貢献が大きいと聞いたことがあります。どのような経緯で今に至ったのか興味津々です。
「大変な時期に上場」ではなくて、「これ以上ない(チャンスの)場面」での上場ですね。
端羽さん!楽しみです。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。