新着Pick
39Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本当か?

この説を採用するとすれば、もう一つの要素があるとコンプリート。
それは、明確にカッコ悪いこと。

私の生涯で彼女に露骨に引かれたクルマ、それは中古車屋から借りた廃車予定のサニートラック。
もちろん2シーターで狭い。色々できない。

サニトラは少し流行った時代があり、チャラい若者(と言っても自分も二十代前半の頃)が乗っていたと思われるその車体は、ホットロッド風にしたかったのか前輪ノーマル、後輪に極太のタイヤを履かせ、ナナメカチ上げのスポーツマフラーによる快音で悪目立ちする。

百歩譲ってショートボディならまだお洒落とも言えるが、ガソリンスタンドお馴染みのロングボディでダサい。

リアクオーターは派手にぶつけたのか大きくヘコんでる。
他がキレイなのでイキがってぶつけた感ありあり。

最終型に近い88年式だが、フロントマスクはわざわざ前期の丸ライトへコンバート。70年代風を狙ったのだろうが、もはやまんまポンコツ。

狭い、目立つ、カッコ悪いの三重苦。
名機A12エンジンの快音は良かったが。

中古車屋に返したのち、しばらくしたら自宅近所で走ってるのを見つけた。こんなの買う奴がいるのか、と驚いた。

と同時に若いカップルが幸せそうに乗っていた。ぶつけた箇所はそのままで。
スポーツタイプは居住性が良くないので、乗っていて疲れます。
(運転するには楽しい人が多いのかもしれませんが・・・)

軽乗用車は万一事故になったとき死亡等重大な結果を招く恐れが高いので、やはりパスでしょう。

バブルの時は「BMWは六本木のカローラ」と揶揄されたことがあったそうです。
あの時代、どんな車が好まれたのでしょうか?

少なくとも、居住性や安全性では選んではいなかったように・・・私には思うのですが(^_^;)