新着Pick
454Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナショックが広がる中、リアルイベントが中止になって行き場を失った商品を売るために、BASEを使ってECを急遽始めたというショップが出てきているようです。なるほど、そういう使い方もできるのかと、思いました。

昨日お届けした丸井グループの青井社長は、個人商店のようなD2Cの世界もあるとおしゃっていましたが、まさにそのようなプレイヤーを生み出せるのがBASEの世界。

ちょっと片手間でお店をやってみるということが、趣味や習い事と同じくらいの手軽さでできる。彼らもまた丸井グループと同じようにフィンテック事業も持っています。今後の展開が楽しみです。
スモールビジネスの起業支援に関わる立場として、BASEの存在はとてもありがたいです。

ネットショップがメイン事業ではなく、リアル店舗を補完する存在としてネットショップを立ち上げたい人も多いです。

例えば、エステサロンに来られたお客様に化粧品を販売する。お客様がエステサロンに行く時間がないけど、化粧品は購入したいという場合などです。

リアル店舗で購入して下さったお客様が2回目以降も購入しやすいように、ネットショップも用意したい。
ただ、ネットショップ運用に掛ける人材も資金もないという小規模店舗にBASEは活用されています。

この記事にあるように、ネットショップオーナーがうまく情報発信して、自分のファンを作っていくことが重要ですね。
最近は、インスタライブやFacebookライブを活用してオンラインで視聴者とコミュニケーションを取りながら購入につなげるパターンも増えました。
誰もが発信して販売できる時代の受け皿として、売上につながるノウハウ集など出店者向けサポートにも注目しています。
BASEやShopifyような仕組みのおかげで、EC参入の垣根は低くなりました。
認知から購買体験までコントロールしやすいD2Cブランドはさらに増えるでしょうね。
一方でスケールしにくいというのも、ひとつの特徴です。
ブランド価値を高めるため、スケールの壁を越えるために、どうしたらよいか。
丸井のような企業と組むというのもひとつの動きですし、メディアとともにD2Cをつくっていくという流れも出てきています。
書籍『D2C』の中に、「モノ消費からコト消費へ。さらに、コト付きのモノへ」という言葉が出てきますが、時代を表す言葉だと思いながら読みました。
作り手と商品者を繋げるCtoCの仕組みを持つサービスが増える中、BASEの強みはクリエイターの思いや温度の世界感みたいなのが強いクリエイターが多く集まっているイメージ。

コロナの影響で中国の工場が止まった時も国内の生産工場を無料で紹介したり、作り手への思いのある会社。

センスやクオリティ高い価値を持った人は日本中にいて、その人達が描いたショップがネットでも同じイメージでハードル無くできることはとても重要なことだと思います。

生産者を繋げる取り組みも「モノを売る」では無く、生産者のストーリーを買う思いの世界感がBASEで出せるだろうと思う。
BASEでショップを運営していますが、スポーツ選手が自分で運営するスタイルは相性がいいと思っています。SNSフォロワー数も大事ですが、自分のファンになって商品を買ってくださる方がいる方が大切。

個人商店で値段競争が起こる場所ではないので、作り手側が好きなものを作って、ファンができて、豊かな世界観ができると思っています。
トライアルが簡単なBASEでMコマースにチャレンジするのも一興。今はチャンスです。