新着Pick
228Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
やはり、先日の習近平主席による
武漢訪問は単なるパフォーマンス
ではなかったということだったようだ。

震源地が収束に向かっているのは、
なによりのGood news!明るい兆し。

こうなれば、日本も安心して国内の封じ込めに集中できる。
まだまだ気を抜けないが、もうひと頑張り。
これから中国でのポジティブなニュースも増え、国内においても自粛要請解除後にも残りがちな自粛ムードを払拭してくれる一助になればなと思います。
中国の多くの地域では工場の操業や物流も再開しているとの事。このまま収束する事を祈ります。
中国の経営者の友人に聞くと、人出は戻ったが、レストランは20%の売上、スーパーは悪くない、という感じ。
すでに、元に戻ろうという動きになっています。
ただ、消費意欲が戻るには、しばらく時間がかかりそうです。
以前、スターバックスも営業再開と報じられました。

交通網の再開やこれらの店舗の営業再開は、震源地である中国でのコロナ収束が近いことの一つの証でしょう。

この流れに乗って、世界中での早期収束を心から祈っています。
米国で同時多発テロが発生したとき、人々は「萎縮して経済活動を止めてしまえば、テロリストの狙い通りになる」、「通常の生活を継続することが、テロリストに勝つことになる」と、歯を食いしばって冷静に暮らした。残念ながらウイルスが相手だと、自粛や封じ込め策を取らざるを得ないが、基本は同じであろう。企業が営業を再開するということは、我々の社会にとって死活的に重要なことであり、この動きを大歓迎したい!
中国は感染拡大前の状況にかなり近づいて来ているようです。
イタリアが営業禁止になる中、こちらは明るい話題ですね。
【イタリア 薬局と食料店などを除き営業禁止 新型コロナウイルス】
https://newspicks.com/news/4715706
これをキッカケにポジティブなトレンドが進みます様に。
武漢ではないですが、湖北省にいる妻方の家族は1ヶ月以上外出禁止を余儀なくされていましたが、昨日くらいから回数制限はあるものの許可証が配られて外出ができるようになりました。
武漢もそのうち外出禁止令が解かれるかと思うのでよかったですね。
一方で、
①人が動き出すため、感染がまた拡大するリスクがありそう
②経済的なダメージ
湖北省だけでなく、上海その他の都市でも経済的な被害が甚大です。(特に飲食店などは壊滅的)

といった感じで、コロナウイルスの影響は尾を引きそうです。
札幌では北海道最大級となる無印良品の北海道旗艦店が当初は明日13日に開店する予定でしたが、3月下旬もしくは2020年春まで開店が延期されました。これも新型コロナウイルスの影響でしょう。札幌パルコの7階の一部の売り場しか無かったお店が5階と6階の全フロアに拡大してのリニューアルオープン、開店と同時にたくさんの人が訪れるはずでした。今の状況だとたくさんの人が訪れてはまずいという雰囲気なので、様子見をしている感じですね。

中国のお店も営業再開となっているようですが、日本は時間短縮で営業を続けながらということなので、ある程度長期化するのは致し方ないのではないかという雰囲気です。明日オープンだと待っていたので昼休みに建物の前を通りましたが、案の定延期でした。パルコには3月下旬とシールが貼られていましたが、駅構内や地下街での広告は2020年春の文字が書かれているので、3月下旬もあやしい雰囲気です。
株式会社良品計画(りょうひんけいかく)は、無印良品(むじるしりょうひん)を展開する専門小売業者である。 ウィキペディア
時価総額
6,469 億円

業績

株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
7.72 兆円

業績