新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こうした局面で監督当局から聞きたいメッセージは、以下のような内容だと思います。

1) 金融機関は、リーマンショック当時に比べて、自己資本も流動性も潤沢であること
2) 当局と金融機関は、ストレステストの実施を通じて、こうした事態でも金融仲介が維持されることを確認していること
3) 当局としては、内外のカウンターパーティと密接な情報交換をしているので、想定外の原因による問題は起こりにくいこと
4) それでも金融システムに大きなストレスがかかった場合には、そうした自己資本や流動性のバッファーを一時的に利用することを認める用意もあること