新着Pick
439Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
不安を煽るタイトルですが、比較対象が『インフルより』です。
もちろん毎年インフルエンザで亡くなる方はいらっしゃいますが、
健康な方は、インフルエンザにかかったからといって死を覚悟したりしないですよね。

インフルエンザの致死率が0.1%
に対して、
COVID-19の致死率が約1%

ただし、いずれも、年代によってかなり差があるのも大事な事実で、
COVID-19についていえば、70代 8%、80代 15%と高齢なほどかなり致死率が高くなっているので、

知らないうちにハイリスクの方に感染を広げないようにと若い世代が努力してますが、
高齢の方自身も、感染予防につとめてもらえればと。

あと、産婦人科的立場からすると、
妊婦さんが特に重症化するという報告はないのと、
胎児に感染するという報告もありませんが、

生後に感染するリスクはもちろんありますので、
妊婦さんがCOVID-19陽性のままお産となると、
陰性化が確認できるまでは赤ちゃんと接することができず、直接授乳も避けた方がよいとされているので、精神的にツラいと思います。

なので、妊婦さんも感染予防はしっかりして頂きつつ、
かといって、万が一疑い症状でてもあわてずに落ち着いて、まずは電話で相談して下さい。
Dr Fauciは感染症および免疫学の専門家でいらっしゃいますが、1984年からNIAIDのディレクターを務められ、すでに歴代6名の大統領に対して助言を行ってきています。

これまでも大統領陣営に対して、間違っているという直接的非難をすることなく、軌道修正を促して来られました。

ワクチンが間もなくできるという見解に対しては、「正確には最低でも1年から1年半かかる見通しである。」

病気の根治療法を目指すという見解に対しては、「病状をより軽症にできるかどうかを見るための抗ウィルス薬の研究を行なっている。」

春になればおさまるだろうという見解に対しては、「そうかもしれないが、新しいウィルスなので、それを予見する方法はない。」

実測値の単純計算から2-3%と示されたり、インフルエンザと同様と示されたりしている致死率に関しては、「総じて0.8%から1.5%のどこかになるだろう。」

また、ご自身について、重症化の高リスクである認識を示しながら、こう語られています。

“I’m not worried about myself. I’m worried about the job I have to do.”
(私自身については心配していない。私がやらなければいけない仕事について心配している。)
重症度に関しては大まかには以下の通り
80%は軽症:風邪症状で終わる
15%は重症:肺炎になる
5%は超重症:人工呼吸器や集中治療室での治療を要する
全体を通じて2~3%が致死的

重症・超重症患者に医療資源を集中させることが、死亡率の低下につながります。また致死率は年齢によってかなり差があり、10歳以下は0%、10~40歳は0.2%ですが、70歳代では8%、80歳以上は14.8%と高齢者ほど死亡率が高い病気です。

日々の報道では新たな感染者や死亡者数ばかり取り上げられていますが、その裏では初期に感染した患者やダイアモンドプリンセス号の乗客のほとんどが元気に退院しています。40歳以下の人は「感染したとしても99.8%は死ぬことはない」と思えば、過度な不安は避けられると思います。
それでも1%、かと。日本での季節性インフル感染者は1,000万人おり、間接的な超過死亡概念での世界の死亡者数は25~30万人ですし。Source : 厚労省
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html
インフル0.1%に対して、新型コロナ1%。
確かに10倍ではあるが、1%に対しての10%とかとはレベルが違うともいえる。あと、基礎疾患や年齢含めた免疫力によって、致死率が大きく違うと、これまでの報道を見ている限りは感じており、「10倍!」とただ数値だけで脊髄反射するものでもないと思う。
「致死率」というと、ランダム感染者の100人に1人に体の弱い人が含まれているのか、感染者の100人に1人ランダムに死に至らせるウィルスであるなのかで全く情報は異りますね。社会的なパニックは漠然と後者であるかのように感じるからなのでしょうね。

健康で高齢でもない多くの人にとっては「(自分が)感染してはいけない」のではなく「(相手に)感染させてはいけない」ウィルスだと思って自分ではない誰かのために対処するのがいいのではないかと思っています。自分自身に対する最悪の事態への脅威がこうした平均値に比べずっと少ないと思えるだけで多少落ち着けると思います。

韓国CDCの最新データ
◯ 全人口
感染者数 7755人
死亡者数 60人

◯ 30歳未満
感染者数 2718人(全体感染者の35%)
死亡者 0人

◯ 30歳代
感染者数 804人
死亡者数 1人

◯ 40歳代
感染者数 1082人
死亡者数 1人

中国もほぼ同様です。
「インフルと同じ」論への批判。

「インフルエンザの致死率は0.1%であり、致死率は10倍高いことになる」
「インフルエンザの致死率は0.1%であり、致死率は10倍高い」と。
また今後更に感染が拡大するだろうともお話しされたそうです。

コロナウイルスよりインフルエンザの方が致死率が高いという見方があったのように思います。その中での米国の研究者の見解。
そして、米国の状況、引き続き注視が必要のように思います。
トランプが無茶苦茶なこと言ったあと、Dr. Fauciが出てきてちゃんとファクトを話していただくとホッとします。このニュースには、ウィルスじゃなくDr. Fauciの顔写真を出してほしいところ。
致死率は、インフルエンザの10倍と分析。ただ、検査率が仮説なはずなので、まだ誰にもわかりません。